391
Culture Post

2011年1・2月のおすすめの本をご紹介

『メモリー・ウォール』
アンソニー・ドーア/著
岩本正恵/訳

さまざまな「記憶」が紡ぐ、繊細かつ雄大な物語
記憶を保存する装置を手に入れた認知症の老女を描いた表題作をはじめ、いつかは失われる「記憶」によって世界とつながる人々を描いた6つの短篇。人は思い出なしに生きられない、そして思い出の継承によって未来とつながれることを、優しく静かに教えてくれる。¥2,100(新潮社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Recomended Post