237
Culture Post

2009年3月のおすすめの本をご紹介

『見えない音、聴こえない絵』
大竹伸朗/著

言語化された、大竹伸朗の創造への衝動と思い
創作の原点となった少年期の追憶、「全景 1995-2006」展へ向けての軌跡、そして制作に直結する衝動が、言語という形式で具象化されたエッセイ集。作家とは、形のない思想や観念をあらゆるフォーマットで体現できる存在であることを再認識させられる一冊。
¥1,890(新潮社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Recomended Post