Culture / Post

2009年2月のおすすめの本をご紹介

『いつかソウル・トレインに乗る日まで』
高橋源一郎/著

ポストモダン文学の旗手が描く、最初で最後の純愛小説
20年ぶりに訪れたソウルで、過去の恋人の娘と出会う主人公。純粋な愛を探しに旅立つ二人が体験する濃密な3日間が描かれた本作は、著者の「前衛的かつ難解な作風」というイメージを覆すほど爽やか。巷に溢れる陳腐な恋愛小説に辟易されている方にぜひ。
¥1,890(集英社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する