Culture / Post

2008年10月のおすすめの本をご紹介

『眼と太陽』
磯崎憲一郎/著

日常に存在する美しく、静かな啓示の瞬間
米国に駐在する日本人男性と、射抜くような眼を持つ女性。夏の夜の出会いをきっかけに、日常に存在する啓示の瞬間を体験していく主人公。静かな文体で描かれる、美しさと刹那に満ちた時間たち。夏の名残りを感じさせる、秋の〝読みはじめ〟に最適な一冊。
¥1,050(河出書房新社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する