Culture / Post

2008年9月のおすすめの本をご紹介

『決壊』(上・下)
平野啓一郎/著

現代社会における心の闇と、決壊の“痕”
ネットに綴られた心の闇が招いた連続殺人事件により、決壊していくいくつもの心。古典的ともいえる「殺人と赦し」をモチーフにしながらも、現代人が抱く孤独を恐ろしいほどリアルに描いた長篇。小口を黒く塗り、頁をめくる度に心の痕を記録する装幀も圧倒的。
各¥1,890(新潮社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する