この夏注目のアートフェスガイド2017 | Numero TOKYO
Culture / Post

この夏注目のアートフェスガイド2017

日本全国、地域発のアートイベントが花盛り。「音楽フェスもいいけどアートもね!」的な楽しみはもう常識。夏休みから秋にかけて出かけたいおすすめのアートフェスを解説!

ヨコハマトリエンナーレ2017 港町に“アートの星座”を描く都市型国際展のパイオニア

image visual_yoko_線なし
image visual_yoko_線なし
イメージヴィジュアルより。 ここがポイント! 精選! 約40組の現代アートとじっくり対峙 横浜の隠れた歴史巡りも今を生きるヒントに 多ジャンル対談などでアートの新体験も提案
af2017_01-02
af2017_01-02
マイケル・ランディ『アート・ビン』(2010/2014年)撮影:加藤健(前回(2014年)の開催風景より) 巨大バッタがホテルの壁面に出現した第1回(2001年)から、アーティストの森村泰昌が芸術監督を務めた前回まで、ヨコトリの歴史はチャレンジの連続。時に議論も呼びながら、常に日本の国際展の未来を切り開いてきた。
af2017_01-03
af2017_01-03
横浜美術館展示室内の風景 撮影:田中雄一郎 (1-3. 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会)(前回(2014年)の開催風景より) 6回目の今回は「島と星座とガラパゴス」がテーマ。孤立と接続という、今どきの人付き合いから国際関係にまで共鳴しそうなヒントワードも示しつつ、アートならではの発見や問いかけをくれる作品が並びそう。
af2017_01-04
af2017_01-04
パオラ・ピヴィ『I and I(芸術のために立ちあがらねば)』(2014年)Photo: Guillaume Ziccarelli Courtesy of the Artist & Perrotin  アイ・ウェイウェイやオラファー・エリアソンなど視覚と思考を刺激する著名アーティストに加え、小沢剛やMr.など独自のアプローチで知られる日本作家も登場。難民問題から歴史の再解釈まで、来場者は多様なアイデアの作品を巡り、自らのうちに星座=つながりを描く。また、港町の歴史を現代につなぐべく歴史的建造物を会場に選ぶなど、有名無名の歴史を再発見する工夫も。
af2017_01-06
af2017_01-06
アイ・ウェイウェイ(艾未未)『安全な通行』(2016年)©Ai Weiwei Studio  作家数約40組は従来より少ないが、あえて絞り込み、1作家ごとを深く観賞することを目指したとか。異ジャンルの達人を招いた公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」など、アートをテーマに議論の場を生む試みにも注目!
af2017_01-07
af2017_01-07
マウリツィオ・カテラン『無題』(2000年)Photo: Zeno Zotti Courtesy: Maurizio Cattelan’s Archive and Perrotin gallery 『ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス』 会期/2017年8月4日(金)〜11月5日(日) 会場/横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館 地下ほか (チケット提示で乗車が可能な会場間無料バスを運行) チケット/前売一般¥1,500、当日¥1,800ほか(中学生以下無料)  休館日/第2、4木 TEL/03-5777-8600(ハローダイヤル) URL/www.yokohamatriennale.jp

札幌国際芸術祭2017

Photos : Shuichi Yamakawa
Text : Shinichi Uchida
Edit : Keita Fukasawa

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する