Beauty / Post

森星、美しさの理由「2016年の目標とその先にある夢」Hiroko.Kのビューティノート vol.6

BEAUTY NOTE Hiroko.k
BEAUTY NOTE Hiroko.k
オーガニック香水・コスメブランド「Hiroko.K」のディレクターで、ホテルやレストランの空間フレグランスプロデューサーとしても活躍する近藤 Hiroko がナビゲーターとなってお届けする働く女性のための美容連載。前回に引き続き、モデルの森星をゲストに迎え、女性が自分らしく、そしてより美しく輝くためのティップをお届け。
年を重ねるようにレイヤードする香り
M「ちなみに、いまの私に似合う香りってどんなものなんでしょう? とっても気になる」
H「ジャスミンかな。その中でもオーガニックのジャスミン。可憐な女性にはやっぱり白い無垢の花が合うのよ。ジャスミンって薄い花だから、香水にするときも芳香成分が壊れやすくなかなかか香りが出ないの。だから特にオーガニックで作るのってすごく大変。オーガニックジャスミンって、とても貴重なの。それをココナッツオイルでと合わせて甘みを出したHiroko.kの香水『ムーンライト&ジャスミン』がおすすめ。白い可憐な花は若い女性だけの特権。その花がどんな香りを放つのか、そしてこの先どう成長していくんだろう?って」
M「人生のそのときどきに、合う香りがあるんですね」
H「そう。たとえばラベンダーだとフランスでは10代の男の子が似合う香りとされているの。イノセントなイメージを含んでいて、彼らにとっての懐古的な気持ちになれる香りだから」
M「私はラベンダーの香りは母を思い出します。香りの記憶ですよね」
H「女性は18歳から20代になると柑橘系、その後はフローラルで、小さい花から大きな花になっていくのがいいと思う。大人の女性にはどんどん深い香りをレイヤードしてほしい。イランイランとかを重ねて自分の香りを作っていくといいかなって。星ちゃんは、まだまだこの先変化していくから、今はジャスミン。清々しい甘さの中にちょっと可憐なフローラルね。大人になったら、お母さまの好きなガーデニアの匂い、グリーンノートにイランイランを足して、そこにジャスミンを重ねると深みがでるから。大人になったら、それね」
M「オーガニックのフレグランスは重ねても臭くならないですよね! 振りかけてレイヤードしても強くならないし、きつくならない。だからオーガニックな香りがいいなって思います。Hirokoさんのつくる香りも、母がつくった香りも、1回つけても10回でもきつくならずに広がりますよね。そういう香りをこれからも選んでいきたいです」
H「星ちゃんはフレグランスアーティストの素質もあるわね!」
Photos : Akihito Igarashi Stylist:Naoko Toida Hair & Make-up:Mifune  Beauty Director:Hisako Yamazaki Interview & Text:Shizuka Horikawa  Edit:Yukiko Shinmura
森星
森星
森星(もり・ひかり)
1992年4月22日東京都生まれ。雑誌『CanCam』の専属モデルを経て、現在は国内外の雑誌、広告、ファッションショウなどに出演。モデルとして人気を集めるほか、映画やCM、「新チューボーですよ!」(TBS)ではMCを担当するなどタレントとしても活躍中。「バナナマンの独占密着! スターの決断 ~決戦は金曜日!」ではヌメロ・トウキョウ編集部でファッションエディター見習いにチャレンジした経験も! インンスタグラム:@xxhikarixx 公式サイト:www.image-tokyo.co.jp
近藤 Hiroko(こんどう・ひろこ)
日本におけるオーガニックパフューマーの第一人者。Ecocert認証を取得するフレグランス&コスメティックブランド「Hiroko.K」を手がける。これまで、アロマテラピーアソシエイツを初めて日本に導入したほか、マンダリンオリエンタルホテルにて客室で提供する香りをプロデュースするなど、日本人の繊細な感性を活かし、和の心を「静と動」の香りで表現し、香水のあり方に革新をもたらし続けている。公式HP:www.hiroko-k.com
【クールな眼差しと美脚に釘付け】

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する