Astrology / 今月の天体観測&12星座

猫星ラピスが占う、2021年8月の天体観測&12星座の運勢

風の時代に突入し、占星術をより身近に感じられるようになっている私たち。星のことをもっと知りたいあなたのために、西洋占星術研究家・猫星ラピスが、“天体ちゃん”からの動きをやさしく解説するとともに、12星座別の運勢を鑑定。今回は、乙女座シーズンの「2021年8月23日から9月22日」までをお届け。

2021年 8月の天体ちゃん観測
「2021年の新たな展開を呼び込む秋の天体たち」

太陽は8/23に獅子座から乙女座へシフト。その前日の8/22には水瓶座で満月となり、(2021年は7/24と8/22の二回、水瓶座で満月が起こる珍しい年)、12星座すべてが古い自分を脱ぎ捨てて、新しい自分へと変容をはかるポイントとなります。強い「自分軸」を持ちながら、激変する世の中の流れとシンクロしていくことが大切です。本格的な個性の時代のスタートとなりますが、そのためには「正解は外にあるのではなく、自分の内側にある」「さまざまな形の真実が存在する」ということを受け入れるプロセスが必要です。地の時代は、「世間」というものがつねに監視し、評価を与えてきたけれど、2021年の夏には「世間」という枠が吹き飛びつつあるのです。「先生が言っていたから」「親に怒られるから」という言い訳は、もう無効になりそう。

今年前半は、異例のスピードで社会が変動していった時期だったけれど、木星・土星・天王星・冥王星すべてが逆行するこの季節は、立ち止まったり再考したり、さかのぼって何かを修正したりする時間になりそうです。地のサインには太陽・火星(ともに乙女座)・天王星(牡牛座)・冥王星(山羊座)がいて、2020年12月以前の世界を「もう一度反省する」ようなハプニングが起こるかも。

太陽は海王星と向き合い、「自分と、自分ではないものをしっかりと分けていく」「まやかしの欲望に負けるな」といったアドバイス・メッセージを放っています。知性の星・水星は8/31に天秤座に入ると、9月後半から変則的な動きをはじめ、11/5までずっと天秤座を通過することに。この期間、水星と冥王星がシビアな配置になることも特徴的です。天秤座の水星が表すのは「客観的で、公平な知性」。山羊座の冥王星は「大企業や国家の最終形態の実現」を表します。リーダーシップの暴走にはブレーキがかかり、新しいルールを作ろうとする動きが出て来るかも知れません。個人の意識の中ではより一層「平等」「助け合い」といったことが顕在化してくる季節です。

天体ちゃんたちからのメッセージ

太陽の王さま
少しずつ、日没が早くなって「王様が西に沈むのが早いと寂しい気持ちになります」とクレームをもらったりする季節なんだけど、火星くんも私と伴走してくれる乙女座の季節は、他の天体たちのバックアップもあって、結構落ち着いて過ごすことが出来るよ。9月中旬頃には、私と天王星じいや、冥王星じいやが幸運の大三角形=グランド・クロスを作るので「いきなり新しい時代に総とっかえする前に、過去の時代のよかったところも見直してみよう」というムーヴメントを起こすかも知れないね。この季節は毎年、お天気も不安定になるから、雨続きで果物なんかが傷むと「太陽の王様は何やってんの!」と叱られることも多いんだ。王様からは、「なんとかみんなで知恵を出し合って、助け合って果物を実らせてよ」と言っておくよ。うまく切り抜ける方法は、過去から学ぶことだね。

お月さま
8/22に今年二度目の水瓶座の満月になります。8月の満月はスタージェンムーン(チョウザメ月)なんて呼ばれることも多いわね。前回の7/24の満月から多くの「気づき」があったはずなので、8/22はそれをしっかり肝に据えておいてね。9/7には乙女座で新月になるけれど、天王星じいやと冥王星じいやと良好な関係になるので、新しい目標を立てるのには最高の日になるわよ。ただし、みんな逆行中だから、最終的に頼れるのは太陽の王様(意志)ということになるわ。あなたの意志と個性で、サバイバルしてね。

水星坊や
ホームである乙女座で大活躍をしていたぼく。8/31に天秤座に入ると、何事も「美と調和」を意識して活動することになるから、センスのない言動や行動はマイナスポイントだよ。9月中は、まあまあスイスイ活動するボクなんだけど、9/27頃から逆行して、少し先の話すると10月前半はずっと天秤座で逆行しているんだ。繰り返し繰り返し、同じメッセージを空から地上に送ることになりそう。「ビューティフルに考えよう。美しく行動しよう。それしか方法はない」ということだね。

金星ちゃん
9/10までマイホームの天秤座に滞在する私。9/11からは蠍座に行くので、前半と後半では世の中の雰囲気も少し変わってくるかも。前半は、太っ腹な木星どんと調和して、実りの季節を満喫していく予定なんだけど、後半は得たものをストックしたり管理したり、利用方法を厳密に決めていくという流れになっていくわ。そして私、金星ちゃんが蠍座に入るとき、このサインに若干の居心地の悪さを感じながらも、新しい魅力がムラムラと生まれるのを実感するの。魅力的なフラメンコダンサーのように薔薇の花をくわえて「タタタ、タン!」と踊り出したくなるのよね。ふだんはそんな踊りはしないのだけど。蠍座・金星期は、ちょっとエロなファッションや香水が流行るので、お楽しみあれ。

火星くん
7月末から乙女座を疾走中のぼく。火星が乙女座に入ると、人々は慎重で分析的になるというけれど、皆もそのように行動するよう、夏の間はがんばったよね。健康管理にも最大限に気を配る組み合わせだから、ワクチンなどのニュースが世の中を賑わせていたのも理由があったわけなんだ。9/16には乙女座から天秤座に進み、正直なところ優雅な天秤座ではあまり思い切った活動が出来ない私なんだけど、ここにいる間は、ひたすら世の中の「公平」と「安心・安全」のために闘おうと思っているよ。出しゃばったり競争したりするのが嫌いじゃないぼくだけど、後半はあくまで穏やかに、戦士としての騎士道を貫くつもりです。

木星どん
7月末にふたたび水瓶座に戻ってきた私。しばらく逆行が続くけれど、基本的には「水瓶座的なもの」を推進・発展させていくのが今の私の役目だから、サステナブル社会はどんどん進んで行くよ。ジェンダーレスも進んでいくけど、金星ちゃんと仲良く手を結んでいる時期なので、美しいタイプのジェンダーレスがスターとして浮上してくるかも知れないなあ。ドラマなどでも、活躍しそうだよね。とりあえず5月中旬から7月末まで、風のサインである双子座・天秤座・水瓶座を応援するのをおろそかにしていたから、そろそろこの3星座にも、いい風を送ろうと思っているよ。期待していてね。

土星教授
水星ぼうやが私の支配しやすい配置にやってきたので、この時期は水星ぼうやというメッセンジャーを介して、土星教授のポリシーを世の中に浸透させようと思っているのじゃ。水星ぼうやの情報拡散力は素晴らしいから、きっと私のアイデアも世の中のすみずみまで行き渡るはず。私、土星教授が今いる水瓶座は、公平性と未来主義のサインなので、世界全体が「もう後戻りはできない」「お互いに支配したり争ったりというのはやめよう」という方向に覚醒していくと思うね。とはいえ、当の私が逆行中だから(笑)それほどスピーディにはいかないかも知れない。革命を起こすべき天王星じいやは、今年いっぱい私を邪魔する配置にいるし、まあ、長期戦で行くしかないかな。

天王星じいや
わしも逆行中だけど、今は木星どん、土星教授、わし、海王星じいや、冥王星じいやの全員がそんな塩梅だから、せかせかしたって仕方ないのじゃ。しかし、この季節は太陽の王様と冥王星じいやが応援の配置にいてくれるから、わしの威力も絶大。わしがいるのは牡牛座という、食べ物やジェンダーやファッションや快楽をつかさどるサインなので、秋のはじまりから秋本番にかけて、それらのジャンルで新たなブームを巻き起こしちゃうかも。太陽の王様と天王星じいやがいい関係のときって、結構世の中が大きく変わるから、みんなも期待していてね。「食べると痩せるパフェ」とか、色々考案中なの。天王星は最新医療にも関係するから、特効薬的なものにも朗報があるかも!

海王星じいや
太陽の王様がちょうどわしの陰になるこの季節、海王星じいやは闇のキャラクターに変身します。偽物は「偽物だっ」と暴いてしまうし、裸の王様は「裸だっ」とスポットライトを当ててしまうよ。この世界で、偽物のくせにふんぞり返っているような存在は、わしが容赦しないのじゃ。君がもし、自分の本質とは違う道を行きそうになったら、少しばかり痛い経験をさせて「そっちじゃないでしょ」と気づかせるかもしれない。理想に溺れているモラトリアムな君にも、何かいたずらをしてしまうかも知れないので、注意するのじゃ。

冥王星じいや
この季節、元気いっぱいのわし。「帰ってきた冥王星じいや」と呼んでほしいね。多くの天体が仲間の地のサインに入り、今じいやがいる「山羊座というこだわり」の世界を、ラストまで完成させてくれようとしている。冥王星じいやの本性は、破壊と再生なので、どっちに転んでもわしは楽しいのじゃ!国家が破壊したり、再生したり、ということも起こりうる2021年。冥王星じいやとしては「とことんやる!終わりまでやる!」つもり。 それを確かめることが、計り知れないほどの大興奮なのじゃ(笑)。でも最終的には、平和がいいかもね。

12星座別 今月の天体ちゃんのお告げ

牡羊座
勤勉さと地道な積み重ねを求められるとき。他人の成功や豊かさが気になって仕方ない季節だけど、比較するポイントが間違っているかも。あなたに今欠けている「自信」と「自由」を取り戻して。予想以上に「愛されている」を実感する場面もあり。

牡牛座
今まで二の足を踏んでいたことに、勢いよく取り掛かっていけそう。「なぜうまくいかなかったのか」動きはじめてみるとその原因もよくわかります。キーとなる人物に引き立ててもらうためには、「素直さ」と「センスの良さ」が必要。

双子座
長期戦で取り組んでいくことが見つかるとき。2020年からの流れで、瞬発力を求められることが多かったあなただけど、ここから少なくとも3か月くらいは「じっくり」プランで進めていって。「挨拶力」「雑談力」を生かした自己アピールは100%成功しそう。

蟹座
まだまだ発展期は続いています。でも、謙虚さも大切。自分の活躍をアピールしすぎると、意図していないのに「権力志向」「他人を蹴落とそうとしている」と誤解されるかも。尊敬する先輩のことは立てて、蟹座自身は鬼の形相でハードワークしないことです。

獅子座
太陽は獅子座から去りましたが、あなたが教師となって他の星座たちに教えるべきことはたくさんあります。「自分が大好きであること」の大切さと「みんなの面倒を見る覚悟があること」をしっかり伝えて。もし「貧しさからの脱皮」を望む獅子座がいたら、バッサリ居場所を変えて。

乙女座
脚光を浴びる番がやってきました。ここであなたが急にセンターに入ってきても、周囲は自然なこととしてあなたを受け入れてくれるでしょう。今のあなたの魅力は、ずばり「面白さ」。普通の感覚なら恥ずかしがることも、なぜかあなたは平気。でも、細かい演出には凝るようです。

天秤座
あなたは、例えばテストなどでは他の誰よりも早く完璧な回答を書き終えて、颯爽と試験会場を出ていくタイプ。でも、これから出てくる問題は、そもそも何が成功なのか、誰が採点すべきなのか曖昧な問題です。最後の武器になるのは「器の大きさ」です。長期戦をイメージして。

蠍座
今は「愛」のことで頭がいっぱい。愛の対象は人であったり、仕事であったり、あなたに与えられた使命であったり。今期は「所有すること」にも情熱が加わるときです。欲しいものは、可能なら手に入れて。高価なものでも、今蠍座が「欲しい」と思っているのなら、持つことに大きな意味があります。

射手座
長期的な「動けない感じ」が消え、面倒なメンバーやグループから距離をとって自由になることが出来そう。決定的に「もうここにいる必要はない」と見切るような出来事が起こるのかも知れません。新しいメンバー、新しい環境がまだ見つからなくても、動き出してOKです。

山羊座
パワー復活。少しお休みモードだった山羊座も、周囲からのリクエストによって「教える役」「指導する役」としてハッスルする季節に。昔やっていたことを、形を変えて再びやることになる可能性も。あなた自身のライフスタイルも改善のタイミングです。  

水瓶座
水面下で着実な成長をはかってきた水瓶座。秋の始まりとともに、知的活動が活発になり、あなたの「不動のアイデア」を広くアピールしていく段階に。知性の星・水星が長期的に仲間の風の星座に滞在するため、あなたのカリスマ・パワーも持続力がすごいです。とにかく発信することです。

魚座
曖昧なままにしてきたことを、はっきりさせていく季節です。仕事、収入、人間関係など、ストレスを放置してきたテーマに関して、根本問題を「手術」していくとき。特に人間関係は、このままぐずぐずにしておくと、どんどん辛くなっていきます。あなたが負担を背負うことはないはずです。

猫星ラピスの占いをもっと読む

Illustrations & Text:Lapis Nekohoshi Edit:Naomi Sakai

Profile

猫星ラピスLapis Nekohoshi 美しい地球の鉱石に魅せられ、銀河系のはるか彼方・猫の惑星からやってきた西洋占星術研究家。パワーストーン蒐集は趣味を超えたライフワーク。タロットと猫パンチも得意。現在は人間の姿を借りた猫だけれど、いつかきっと本物の地球人になれると信じている。 Illustration:muumenna

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する