Astrology / 今月の天体観測&12星座

猫星ラピスが占う、2021年6月の天体観測&12星座の運勢

風の時代に突入し、占星術をより身近に感じられるようになっている私たち。星のことをもっと知りたいあなたのために、西洋占星術研究家・猫星ラピスが、“天体ちゃん”の動きをやさしく解説するとともに、12星座別の運勢を鑑定。今回は、2021年6月20日からの1ヶ月をお届け。

2021年6月の天体ちゃん観測
「夏至が到来。チャートが示す星のドラマは佳境に突入。」

夏至(6/21)の日のチャートは、2021年後半の流れを読むために大切なもの。このチャートでは不動星座(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)に入った天王星・火星・月・土星がグランドクロスというドラマティックな凶相を作り、もう一方では水の星座(蟹座・蠍座・魚座)に入った金星・月・太陽が「幸運の大三角形」=グランドトラインを作っています。ここから、夏だけでなく12月までの世の中の動きが読み取ると、「国家」はしばらく国民の人気を取ろうと必死。10ハウスにスポーツの星・火星が入っているので現段階ではオリンピックは敢行されそうです。健康を表す6ハウスには曖昧さと毒を表す海王星が。ワクチンにまつわる不安な情報も蔓延するかも知れません。

今年の蟹座の季節は「今まで変わらなかったもの」が最終的に変わるか・変わらないのか、大きなストレスとともに議論され、試行錯誤が続いていきます。経済的には、6月の終わりごろに危険なアスペクトがあり、「国民が貧しくなってしまう」暗示も。びっくりするようなことが起こっても、皆がオープンになって助け合っていけば何とかなります。金星はまもなく獅子座に入り、火星とデュエットを奏でます。現実はヘヴィでも、「庶民パワー」で色々な楽しいことを見つけていく人類の姿が見えるようです。「今を楽しむ」ラテンパワーで乗り切りましょう。

天体ちゃんたちからのメッセージ

太陽の王さま
7/22まで蟹座に滞在するよ。この季節は日本でいう梅雨の時期だね。じめじめと雨が降り続いたり暑い日があったり、天気は不安定だけど、その繰り返しがスイカやメロンやカボチャなんかの重くて大きな果物と野菜を育てていくんだ。みんなはスイカ、好き?わたしが蟹座にいるときは、みんな家族や「ほっとできる場所」について考える季節になるよ。去年から家の中で過ごすことが多くなっているだろうから、もっと家族と楽しめることはないだろうか? とポジティヴに切り替えるタイミングにもきているね。しばらくは木星どんともいい角度にいるから、わたしも面白いレジャーが発明されることには大賛成だね。とはいえ、太陽の王様であるわたしは、早く自分のホームである獅子座に戻りたくてわくわくしているんだよ。この蟹座の季節が終わったら、いよいよだね。

お月さま
みなさんこんばんは。お月さまです。先シーズンは皆既月食などでみなさんをお騒がせしましたが、基本的に蟹座の季節にはゆったりのんびりしていたいお月さまです。蟹座を守っているのは、ほかならぬこの私なんですからね。満月は6/25で、ストロベリームーンというラブリーな名前がついているのでぜひ夜空を見上げてみてね。お天気がいいといいんだけど。わたしがすっぽり姿を消す新月は7/10よ。なにぶん蟹座の季節だから、水分調整と「感情を整える」ことは大切な事項になっていくわ。満月近くはどうしても身体が水分を抱え込んでしまうので、無理なダイエットは禁物よ。。

水星坊や
ボクがホームの星座である双子座にやってきたのは5/5。そんなに前だったっけ、ってびっくりするでしょう?普通ならささっと3週間くらいで一星座を通り過ぎてしまうボクなんだけど、今回はいたずら心全開で、7/11まで双子座にいるんだよ。それまでに、やり残したことや「もう一度見直した方がいいかな」と思ったことはチェックしておいてね。7/11までボクは土星教授と仲良しだから、伝統的なことや、ハイレベルの学問を学んでみるのもいいと思うよ。7/11以降は海王星じいやと仲良しになっていくから、ロマンティックなポエムなんかを書いてみたくなるかも。蟹座滞在は短くて、7/28には獅子座に入っちゃう。この時期のボクは、とっても素早いうごきをしているんだな。

金星ちゃん
みんなの人気者・金星ちゃんです。わたしが蟹座にいるのは6/27まで。それまではラブリーなファッションや、ペットや子供に関するものがブームになりやすいわね。6/28から獅子座に入るので、ここからは結構、エンジョイ・モード全開になっていくわ。愛情表現もストレートになるし、うじうじ悩むよりは先に進んで、新しい楽しみを味わいたいという気分になっていくはず。蟹座に私がいたときは、冥王星じいやとかなりハードな対立があったから、元気も少しうばわれていたの。派手派手気分にシフトした私・金星ちゃんがみなさんに送りたいのは「ワイルドに行こうよ」ということ。隅に置けない熱血BOY☆火星くんもそばにいるし、何かと陽気に楽しめそうな気がするわ。

火星くん
この季節は、ずっと獅子座にいるんだけど、厳しい土星教授や怒りんぼうの天王星じいやからの縛りがすごくて、かなり「戦略を練って動く」ことを考えなきゃダメみたいなんだ。みんなも、無鉄砲に動きたい気持ちが沸き上がることもあるだろうけど、ただ何も考えずに自爆しちゃっては損。変化球や「裏技」なんかも用意して、「む、お前なかなかできるな」と思わせることだよ。ほとんどの時期を太陽の王様と足並みを揃えていくので、「正しい人」を味方につければうまくいくはずだよ。そして獅子座にいるときは、かぎりなく「正義の人」でいなきゃならない。輝くヒーロー・ヒロインとして生きてね!

木星どん
わたしがいる場所は魚座。5/14に水瓶座からここに移動したんだけど、居心地はこっちのほうがいいね。というのも、魚座は射手座に次いで色々やりやすい星座なんだ。わたしにとってね。6/21の夏至から逆行して、7/28には水瓶座に戻る予定なんだけど、蟹座の季節のわたしの役目は、みんなの感情を柔らかく解きほぐすといったことかな。夏至図では、わたしと太陽の王様とお月さまは抜群にいい関係にあって、手をつないでいる。「人に優しくなろう」「弱い者に目を向けよう」という気持ちを高めていって、心と心をどんどんつなげていくよ。わたしのパワーは巨大だから、逆行中は「つなげなくてもいいもの」までつなげちゃうかも。でも、基本はあったかいハートであるべきだと思うし、蟹座シーズンは仲直りのサポートなどもするので、頑なな心を温めてほぐしてみてね。

土星教授
気難しい上に、しょっちゅう逆行している私・土星教授。この期間もずっと水瓶座で逆行しているわけだが、そのせいで牡牛座にいる天王星じいやとは、ますますにらみ合いが激しくなっているよ。古代から犬猿の仲である我々が、さらに激しく反発しあっているのが今という時代である、ということはみんなも知っておくとよいね。この混沌とした時代のありようも、私・土星教授の頑固さが、天王星じいやと綱引きをやめないでいるからなんだ。夏至図では、天王星じいやだけでなく、太陽の王様やお月さまも私にとって大変な配置にあるんだ。物事に規律と制限を与え、宿題をこなせとプレッシャーを与える私。特に私がいる水瓶座の諸君は大変だと思うが、最後までやり抜いておくれよ。

天王星じいや
わしが怒ると天地はひっくり返るのじゃ。2019年以来、わしの怒りのパワーに世間は驚きっぱなしじゃが、良いことだってある。なんといっても私は革命の王様。これまで延々と変わらなかった「働き方」や様々なデリカシーが新しくなり、どんどん合理的で生きやすい人生を送れるようになってるよね? 牡牛座という不動のサインにいることで、改革はまだまだじっくりジワジワ続いていくけれど、2021年は後半も大いに暴れるつもり!つねに「当たり前を疑う」ということを、みんなにはやってほしいと思っているよ。

海王星じいや
ゆらゆらゆらめく海王星じいやです。素敵な海王星のお部屋に木星どんもやってきてくれて、海王星ルームはオパール色に輝いています。蟹座の太陽は、われわれをさらにロマンティックにし、ボーダーレスな世の中を作り上げていくのじゃ。でも、私もしょっちゅう逆行しているので、6/26から変則的な動きを始めるけど、気にしないでね。引き続き、ウイルスには気を付けて。わしから言うのもなんだけど、ディスタンスも守ろう。

冥王星じいや
破壊と再生の王様、冥王星じいやです。火星くんと金星ちゃんが立て続けにわしと対立の配置にあって、彼らもとても大変だったと思う。蟹座に太陽が入れば、だいぶわしの監視も緩くなるから、みんなもそろそろ「楽しいこと」を日常で味わえるようになってくるよ。わしがいるのは山羊座という星座で、何かとクラシックなものを「そのままでいてほしい」と思ってしまう場所なんだが、ここには深い意味もある。今は「風の時代」だけど、ここまでくるのに頑張った「土の時代」のご先祖たちにも、ちゃんと敬意を払うんじゃよ。わしとて、世の中が軽くなっていくことには賛成じゃ。でも、保険をかけておくことも大事。仲間の星たちに言いたいのは「つねに物事の陰陽を見つめよ」ということじゃな。

12星座別 今月の天体ちゃんのお告げ

牡羊座
意図的に「戦略」を変えて活動をしていくタイミングです。「みんなで成功する」「一緒に宝物を分かち合う」という気持ちを大切に。表面的に整ったものを見せるよりも、あなたの個性や不完全さをチャームポイントだと意識すること。

牡牛座
まわりに気を使い過ぎて空回りしやすい季節です。「安心したい」「不安を消したい」という気持ちが表に出過ぎると、低い評価しか得られないでしょう。古いイメージの世の中のルールに縛られないで。最新のルールを知ること。

双子座
足踏み状態から脱して、スピードが出てきそうです。ここからは今までよりずっとラクに進んでいけるはず。シリアスになりすぎず、追い詰められてもユーモアで切り返して。心について学ぶのは大吉。心理学だけでなく哲学や文学も◎。

蟹座
自分の奥深い不安と向き合う季節です。今のあなたは他人に月の片側しか見せていないのかも。我慢強さは、これからあまり役に立ちません。計画を立てすぎるのも逆効果になりやすく、アドリブや変化球をもっと研究して。

獅子座
かなりワイルド。吉凶ミックスな一か月間ですが、「何事も経験」と心得て楽観的に受け止めて。年上からのアドバイスは、あまり役に立たないことが多く、あなたの世代にふさわしいやり方を遂行して。年下世代がヒントをくれるかも。

乙女座
人間関係で板挟みになりやすい季節。古株と新人、大手とフリーランスの「両方の立場」の間に立って苦労をする乙女座も。仕事面では苦労を背負い過ぎないことと、働き過ぎないことが大事です。過去の記憶を反芻するのも減らして。

天秤座
猛烈パワーを発揮してきた天秤座。ここで少し休みましょう。周囲をざわざわさせるのもストップ。あなたは穏やかでいる方が似合っています。夏に近づくにつれ、プライベートの楽しみを追究していきましょう。家のインテリアも華やかにすると◎。

蠍座
孤軍奮闘モードは終了。「知恵袋」的な人と手を取り合って、ここからは合理的に物事を進めていきましょう。あなたのチャームポイントである「素直さ」が、たくさんの達人を魅了し、指導役を買って出てくれます。自己流にこだわらないで。

射手座
本領発揮のとき。今回の好調期は長く続きます。イマジネーションの力を全開にして、新しい道を切り拓いていって。アドリブ、路線変更もプラスに動くとき。底力を発揮して。

山羊座
不調モードが開け、さまざまなことが回復していきます。あなたが自分に課してきた「ストイックなこだわり」は、少し緩めてOK。精神面で「鍛える」という心構えを外していくと同時に、他人に対しても「優しさファースト」で。

水瓶座
何かと「課題が多い」と感じる季節。本物として生き残るためにも、アイデアを先鋭化させていくことが求められます。「なんとなく流れに身を任せてきた」人は、主体的なアプローチを意識して。プライベートでは、断捨離を究めること。

魚座
よいところも悪いところも「全部見えてしまう」という暗示。隠しごとなどは暴かれやすいときです。自分を大きく見せようとしたり、過去の栄光を取り戻そうと努力するのもストップ。「今の自分を受け入れる」ことが、最大の魅力に転じます。

猫星ラピスの占いをもっと読む

Illustrations & Text:Lapis Nekohoshi Edit:Naomi Sakai

Profile

猫星ラピスLapis Nekohoshi 美しい地球の鉱石に魅せられ、銀河系のはるか彼方・猫の惑星からやってきた西洋占星術研究家。パワーストーン蒐集は趣味を超えたライフワーク。タロットと猫パンチも得意。現在は人間の姿を借りた猫だけれど、いつかきっと本物の地球人になれると信じている。 Illustration:muumenna

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する