2024年を強く生き抜くための華流ドラマ5選 | Numero TOKYO
Culture / Feature

2024年を強く生き抜くための華流ドラマ5選

華流といえば『陳情令』などファンタジー時代劇が日本でも人気だが、現代劇は、仕事、恋愛、家族をテーマにした良作が多い。今回、紹介するのは、仕事と恋愛をテーマにした5つのドラマシリーズ。共通するのは、時々立ち止まりながらも、自分で人生を切り拓いていこうとするたくましさ。誰しもがふと、今の自分に迷いが生まれてしまうことはあるが、これらのドラマには、そんなときに背中を押してくれるような名セリフが散りばめられている。2024年は幕開けから波瀾万丈だが、そんな華流ドラマから元気をもらおう。

目次
1. 『25時間恋愛』
2. 『此の時、この瞬間に』
3. 『美味しいロマンス』
4. 『2回目のロマンスはままならない!』
5. 『愛すべき私たちへ 〜beautiful days〜』

この街では夢は高価なんだって。私もそうだと思う
『25時間恋愛』

アン・ラン(ハー・ホンシャン)は、数年前に仲間たちとゲーム会社を起業し、現在、副社長を務めている。商談に奔走する日々だが、事業はうまく行かず、無給生活3年目。大学時代にはミス・キャンパスに選ばれたほどの美貌の持ち主だが、今は仕事が最優先。気が付けば31歳になっていた。ある日、大学の同窓会でOGの投資家に融資をもちかけるが、不発に終わり、やけ酒を飲んだ挙句、自宅の隣人で大家のイエン・ユエ(ウィンウィン)の部屋で一晩を過ごしてしまう。しかも、イエン・ユエは、超売れっ子声優の“黒沙(ヘイシャー)”だった。イエン・ユエは大学時代から、ひそかにアン・ランを想い続けているのだが、夢を追いかけるアン・ランは、6歳下のイエン・ユエを弟のように感じている。それがいつしか……。

タイトルの『25時間恋愛』は、アン・ランたちが開発する新ゲーム『スキマ時間の彼氏』から。これは、忙しい24時間とは別に、すきま時間を集めた1時間で恋愛を楽しむというというもの。大学のアニメ学科を卒業しゲーム会社を起業、隣人は声優で音声配信番組が大人気、というように、ドラマにはサブカルチャーの要素が満載だ。主演のウィンウィンことドン・スーチョンは、NCT/WayVのメンバー。不器用だが実は優しいというイエン・ユエを好演。1話は約40分なので、入浴中や就寝前のひとときに気軽に楽しめる。 原題は「25小时恋爱」、全24話。果たして、イエン・ユエは長年の想いを打ち明けることができるのか。そして、アン・ランの夢と恋は?


『25時間恋愛』
出演/ウィンウィン(NCT/WayV)、ハー・ホンシャンほか

Huluプレミアム『25時間恋愛』
Huluで独占配信中
©Tencent Technology (Beijing) Co., Ltd.

世界は残酷でも、皆、最高の愛にふさわしい
『此の時、この瞬間に』


コロナ禍をテーマにした全10話のオムニバスドラマ。リエン・イーチーなど5人の監督のもとに、ディー・スー(小S)、ウー・カンレンなど台湾の人気俳優が集結した。10話はそれぞれ独立したストーリーだが少しずつリンクしており、全話を完走してから再び1話に戻ると全く違う印象に。

1話の「恋愛リアリティショー」は、売れないタレントのウェイティン(ワン・ジン)が、男女5人で共同生活をする恋愛バラエティ番組に出演。これが最後のチャンスだと気合いを入れて臨み、無事カップルが成立するが本当の恋は……。というよくある話かと思いきや、2話は、冒頭からド下ネタ。出前の配達員とマッサージ店店員がひょんなことから……。「下ネタかぁ」とここで脱落するのは時期尚早。最後はほろりと泣けるハートフルストーリーに着地。さらに3話は、1話の冒頭にちらっと登場したヘアメイクさん(リン・ボーホン)が主人公。2話でもかなりのプレイボーイと描写された彼が、地下鉄で視覚障害をもつ女性(Lulu)に出会い本当の恋に落ちるが、実は……。

隣人、男性同士、女性同士、元恋人、夫婦、不倫、上司と部下。年齢、職業、セクシャリティ、境遇などが異なるさまざまな人々が描かれる。同じ街に暮らしていてもほとんどの人はただの他人。みんなが同時期に経験したパンデミックも、一人ひとりに全く異なる物語があった。原題は「此时此刻」。1話が約50分ほどで全10話。ぜひ最後まで完走してから、1話に戻り「うわ〜、めっちゃ良くできてるな〜」と叫んでほしい。

『此の時、この瞬間に』

出演/ルビー・リン、アリッサ・チア、ツォン・ジンファ、ヴィヴィアン・ソン、パフ・クオ、ケリー・リン、エスター・リウ、デレック・チャン、ラウ、チュンヒム、シュウ・ジエカイ、ベラント・チュウ、チャン・グァンチェン、ニッキー・シエ、ジョニー・ヤン、リン・ジェーシーほか

Netflixシリーズ「此の時、この瞬間に」独占配信中

人生には輝く瞬間がいくつもある
『美味しいロマンス』

四川省・成都で生まれ育った、幼馴染みの3人。料理が得意のリウ・ジン(リー・チュン)は、銀行のIT担当だったがリストラされてしまった。そこで、レストラン開業の夢を抱くが、両親からは飲食店経営なんて博打だ、見合いをしろと反対される。

動画配信会社に勤めるシア・モン(ナオミ・ワン)は、同じ会社に勤務する恋人と結婚目前。しかし、彼よりも先に出世してしまい関係がギクシャクしてしまう。彼女は幼い頃から優秀だったが、女性だからという理由でそれが評価されず、外見にもコンプレックスを抱いていた。

儚げな美人と評判のファン・シン(クリスティ・チャン)は専業主婦。しかし、夫が濃厚接触者になったことで浮気が判明し離婚をすることに。それを機にPR会社に復職するが、セクハラの被害に遭い、周囲からも能力を正当に評価してもらえない。

このドラマは「愛」と「食」をテーマにしたドラマだが、美味しい料理や恋の相手が全ての問題を解決するわけではない。彼女たちは、悩みながらも自分の足で前に進んでいく。落ち込んだときに支えてくれるのが長年の友情だ。

このドラマは中国でも大ヒットし、続編となる映画『美味しいロマンス THE MOVIE』が制作された(Netflixで配信中)。こちらには元INTO1のパトリック(尹浩宇)が出演。原題は「爱很美味」。全20話で1話約30分(映画は2時間1分)。ドラマと映画のセットで召し上がれ。

『美味しいロマンス』

出演/リー・チュン、クリスティ・チャン、ナオミ・ワン、レン・ビン、ジョウ・チュンアオ、ジャン・ファンほか
U-NEXT配信中
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

毎日一緒に朝日と夕日を見よう
『2回目のロマンスはままならない!』

なんだかんだ、甘〜いラブコメが好き、そんな方におすすめなのが『2回目のロマンスはままらない』。『鳳星(ほうせい)の姫〜天空の女神と宿命の愛〜』『ロマンスは結婚のあとで』で見事なケミストリーを見せたワン・ユーウェンとワン・ズーチーが、3度目の共演。

シングルマザーのミン・フイ(ワン・ユーウェン)は心臓病を抱える息子を育てながら、医療機器企業でAI心臓モデルの研究開発に携わっている。そこに、5年前に別れた元恋人のシン・チー(ワン・ズーチー)が、投資会社の若きCEOとなって現れた。ある誤解から最悪な別れ方をしたふたり。再会したシン・チーはミン・フイに冷たく当たるが、仕事を通して再び信頼関係を築いていく。そして、ミン・フイの息子チェンチェンの年齢を知ったシン・チー。その子こそ、ミン・フイが人知れず出産したシン・チーの息子だった……。

同僚ツァオ・ムーと年下水泳コーチとの可愛らしい恋、ライバル企業からの妨害、思わぬアクシデントハグなど、胸キュンドラマの定番が次々と展開されるが、このドラマが面白いのは、ミン・フイとツァオ・ムーは自分の仕事に誇りをもっているので、窮地に陥っても、軽シン・チーに助けを求めず、自分たちの力で解決しようとするところ。“王子”と“姫”は対等なので、清々しい気持ちでふたりの恋を見守ることができる。原題は「你給我的喜歡」。全28話で、1話が約45分。

『2回目のロマンスはままならない!』

出演/ワン・ズーチー、ワン・ユーウェン、マー・シンルイ、リー・チュワン、ジン・ザーハオ、チェン・シンハイ、ツイ・イーシンほか
U-NEXT配信中
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

長い夜もいつかは明け、どんな道にも終点はある
『愛すべき私たちへ 〜beautiful days〜』

北京に住む東北地方出身の4人組、同級生のシーチェンとイエン、ジンジン、そしてジンジンのいとこのナンジアは、競争の激しい都会で助け合って生きてきた。しかし、ジンジンの誕生日に、自らの命を絶ってしまう。なぜジンジンはそうせざる得なかったのか。喪失感を抱えながらも、3人の人生は続いていく。

シーチェン(チョウ・ユートン)は、大手飲料メーカーに勤務。産休の上司に代わり、新たにジエン・イーファン(バイ・ユーファン)が赴任してきたのに伴い、リストラが行われるという。自分で会社を経営するナンジア(レン・スーシー)は顧客からの難題に振り回される毎日。セレブな生活に憧れるイエン(スン・チエン)は、体育教師の恋人と結婚目前だが、理想と現実のギャップに折り合いがつかない。

仕事は忙しいのに評価に結びつかず、実家の親からは結婚をせっつかれ、北京の家賃はとにかく高い。目の前を通り過ぎていく、都会のきらびやかな暮らし。第1話から、誰よりも優しいジンジンがこの世を去ってしまう衝撃の展開から始まるが、3人は喪失感を抱えながらも、誠実に仕事と恋愛に向き合っていく。原題の『我在他郷挺好的』は、「故郷から離れていても元気です」という意味。1話あたり約70分前後の全12話。ハンカチ必携です。

『愛すべき私たちへ 〜beautiful days〜』

出演/チョウ・ユートン、レン・スーシー、バイ・ユーファン、マー・スーチャオ、スン・チエン
U-NEXT配信中
©Hunan Happy Sunshine Interactive Entertainment Media

 


 

Text: Miho Matsuda Edit: Yukiko Shinto

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する