ケイト・ハドソン、疎遠になっていた妹との電話で涙 | Numero TOKYO
Culture / News

ケイト・ハドソン、疎遠になっていた妹との電話で涙

©Bang Media International
©Bang Media International

ケイト・ハドソンが、疎遠になっていた妹との感動的な電話中に涙を流したという。

俳優のゴールディ・ホーンとビル・ハドソンを両親に持つケイトだが、生まれた翌年に二人は離婚、母親のパートナーであるカート・ラッセルを父親代わりとして、弟のオリバー・ハドソンとカートの息子ワイアット・ラッセルと一緒に育った。しかしケイトにはさらに、実の父親ビルの他の交際相手との間に出来た異母弟妹のララニア、ザック、エミリー・ハドソンがおり、最近連絡を取り合うまで何年も疎遠だったそうだ。

ポッドキャスト番組『シブリング・レヴェリーwithケイト・ハドソン オリバー・ハドソン』のエピソードで、ケイトはこう説明している。「去年『なぜ他の弟妹と話さないんだろう』と思う瞬間があった」「両親の過去がどうであろうと気にしない、特に姉妹のいない私にとっては尚更ね。私には、家族が離れ離れになっているという理由のみで何も話していない2人の妹がいる」

ケイトはさらに妹の1人との電話中に泣き始めたことを明かし、こう語っている。「妹と弟と、また連絡を取り合うようになった」「正直に言うと、妹と電話をしていて、私たちは泣き始めたの。すごく嬉しかったわ」「 (妹は) こんなことまで言っていた。『今から始めよう。今から』って」

ケイトは家族について、こう続けた。「私には素晴らしい家族がいる。美しい母がいる。継父は、人生に安定した父親を持つことがどういうことかを理解する上で、とても大きな役割を果たしてくれたけど、私たちが実の父親を知らなかったという事実から目をそらすことはできない」「人は時に、自分は一人ではないということを再考する必要があると思うわ」

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する