バービーのモヤモヤ相談室 vol.15「実家を出て、一人暮らしをするべき?」 | Numero TOKYO
Culture / Feature

開けチャクラ! バービーのモヤモヤ相談室 vol.15「実家を出て、一人暮らしをするべき?」

体や性をめぐるあれこれ、人間関係や恋愛、社会についてなど、読者の抱える「モヤモヤ」をバービーが一緒に考えます。正解は見つからないかもしれないけど、チャクラは開放できちゃうかも?!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2022年11月号掲載)

【今月のモヤモヤ】

実家を出て、一人暮らしをするべき?

都内育ちで都内勤務、今も都内の実家に暮らしています。不満はないのですが、人から一人暮らしを勧められ、そのメリットを聞くととても腑に落ちます。ただ、経済的な面で考えれば実家暮らしのほうがいい。自分ではどこか変わりたいと思っているものの、そんな安直な理由で一人暮らししていいのか悩みます。(そばかすグッドボーイ・26歳・男性)

【バービーからのメッセージ】

「人は一人で生きている」という感覚を身につけて

はっきり言います。私は100%、一人暮らしをしたほうがいいと思う。なぜなら、性別や年齢関係なしに「人は一人で生きている」という感覚を持っていたほうがいいから。その感覚を得やすいのは断然、一人暮らしだと思います。

一人暮らしはどこまでも楽しく、そして、つらいときはどん底までつらい。風邪をひいてうなっているときなんて本当にしんどいけれど「生き延びてやるぞ」という気持ちが芽生えるし、一人で落ち込んで、そこからなかなか抜け出せなかった経験も振り返ってみたら、心の基礎体力をつけるために必要なことでした。気持ちが沈めば沈むほど自省するし、これからどうしたらいいのかと具体的に将来のことを考える。なんとなくでは生きられなくなる。つまり、一人でいる環境が、とことん自分と向き合わせてくれるんです。それが人付き合いをしていく上でとても大事になってくると私は思う。

私は現在、パートナーと二人暮らし。先日から犬を家族に迎えました。とても幸せですが、何かを決めるとき、パートナーに迷惑をかけないか、愛犬の世話をする時間を確保できるかと考えて行動している自分がいます。一人暮らしのときは楽しいことも面倒くさいことも全て自分で決めないといけない。だから、自分の考えに忠実に行動していました。これが人間を形成する上で大事だったと思うんです。こうした一人暮らしで得た経験がなければ、今の自分はいないと思うほど。誰も決めてくれないし、やってくれないから人のありがたみもよくわかりますしね。

実家にいる理由も見つけないとダメ

もちろん、経済的な面で実家暮らしのほうがいいというのはわかります。でも、実家にいるんだったらいる理由も見つけないとダメ。“夢のために必要なお金が貯まるまで”とか、具体的な目標があるならわかるけれど、特に理由もないまま(もちろん、「家事は全部親がやってくれて楽だから」という理由で実家暮らしをしていないことを前提にしていますが)、一人暮らしするメリットがいまいちわからないということであれば、このまま何も変わらないと思う。ちょっと言い方が厳しいけれど、メリットがないと動けない自分をつくっているのは、そういう環境にいるからだとも思う。

一人暮らしで得られることって、人生の蛇足の部分かもしれません。人間形成にどう役立ったかを簡単に言語化したり、数値化はできません。楽しいことばかりではないし、金銭的にも精神的にも負担は増える。でも、一人で暮らし、「歩けるところまで自分で歩く」気持ちが必要だと思う。本当につらくなったら、実家に帰ればいいじゃない。逆にこのタイミングを逃したら、いつ一人暮らしするの!? メリットではなく、“安直”に動ける人になってみて。

\あなたのモヤモヤ大募集中!/

バービーさんに相談したい、聞いてほしいあなたのモヤモヤ大募集中! テーマは体や性をめぐるあれこれ、人間関係や恋愛、社会についてなど何でもOKです。下記アンケートフォームまたはメールでご相談をお寄せください。メールの場合は、掲載可能なニックネーム、年齢、性別(任意)をお書き添えください。
 

アンケートフォームからの相談はこちら


メールでの相談はこちら

※ご相談の文字数は問いませんが、掲載時に編集部で要約させて頂きます。
※ご相談への回答は1号あたり1名様です。全ての方のお悩みにお答えすることはできません。
※雑誌掲載以外にもヌメロ・トウキョウやバービーさんの制作するコンテンツに掲載する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 
 
 

 

「開けチャクラ! バービーのモヤモヤ相談室」をもっと見る

Photo:Takehiro Goto Styling:Tomoko Katayama Styling Assistant:Sayuri Nakayama Text:Mariko Uramoto Edit:Mariko Kimbara

Profile

バービーBarbie お笑い芸⼈。北海道出⾝。2007年、相⽅のハジメとお笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成。TBS『ひるおび!』のコメンテーターや、TBS ラジオ『バービーとおしんり研究所』のパーソナリティを務めるほか、⽣まれ故郷の町おこしにも尽⼒。YouTube『バービーちゃんねる』では、最新美容や性についてのトピックが話題となり、現在の登録者数は25万⼈を超える。またFRaU WEBにて連載中のエッセイをまとめた著書『本⾳の置き場所』(講談社)を出版。⾃らプロデュースしたピーチ・ジョンとのコラボ下着の発売や、双⽅向コミュニケーション型ECサイト『◯バ(仮)』にてシルエットをキレイに⾒せる太ベルトの発売を開始。22年4月には初のシングル楽曲「Ya jatuh cinta(ヤ ジャットウ チンタ)」を配信限定でリリースするなど、多岐にわたり活動の幅を広げている。

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する