ローラが取り組む環境にやさしいデニム STUDIO R330 | Numero TOKYO
Fashion / Feature

ROLAが取り組む環境にやさしいデニム STUDIO R330

ローラにとって、デニムはクローゼットに欠かせないエブリデイエッセンシャル。「はけばはくほど味が出て、コーディネートの中心アイテムでいろいろ合わせやすく好きだなと思っていたけれど、その裏で大量の水を消費し、化学物質のケミカルが海や川に流れている実状があることを知りませんでした」と、自身でデニムをつくるきっかけを明かす。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2022年4月号掲載)

ハイライズのスキニージーンズがローラのヘルシーなボディを引き立てて。ローラはノンウォッシュがお気に入り。デニムジャケット¥ 19,800 デニムパンツ¥14,850 クロップドシャツ¥ 16,500/すべてStudio R330(ステュディオ アール スリーサーティー)
ハイライズのスキニージーンズがローラのヘルシーなボディを引き立てて。ローラはノンウォッシュがお気に入り。デニムジャケット¥ 19,800 デニムパンツ¥14,850 クロップドシャツ¥ 16,500/すべてStudio R330(ステュディオ アール スリーサーティー)

彼女が手がけるブランド、ステュディオ アール スリーサーティーのデニムは、日本有数のデニム生地メーカーのカイハラの生地を使い、“今、世界一エシカルでサステナブルなデニムをつくる”と評価されるベトナムを拠点にするサイテックスで縫製と加工を行っている。ローラはサイテックスの工場を訪れ、最新の設備や従業員の労働環境の配慮の姿勢を学んだ。「サイテックス社長のサンジーブさんとお会いし、働く方の⾷事や通勤にいたるまで、働きやすい環境づくりを⾏っている姿に深く感銘を受けました。愛でいっぱいの彼の思想に共感し、一緒に社会を変えることに貢献をしたいと思ったのです」

商品開発を進めるなかで発見もたくさんあった。「サステナブルなものづくりは、手間も時間もそしてコストもかかること。しかし利益だけを求めて、環境に配慮せず簡単に商品をつくるのではなく、しっかりと未来を見据えてものづくりを行うことが大切なのだと感じました」。また美しいシルエットとデザインでかつサステナブルに仕上げるため、妥協は許さない。「まず時間をかけたのは、納得いくデニムの色出し。次により多くの人に向けて綺麗なシルエットでかつストレスなくはけるデザインにできるか、ポケットや腰位置など何度も微調整を繰り返しました。ボタンなどの付属品もすべて環境に負荷がかからないものを準備することにも時間を費やしました」

デニムパンツ¥ 14,850 ニット¥24,200/すべてStudio R330(ステュディオ アール スリーサーティー)
デニムパンツ¥ 14,850 ニット¥24,200/すべてStudio R330(ステュディオ アール スリーサーティー)

デニムは永遠のエッセンシャルアイテム!
素材の表情の変化を楽しみながら長くはいてほしい

そうして完成した第一弾のハイライズスキニー ジーンズでは、シンプルを追求し、着る人のボディを健康的でセクシーに包みこむ美しいシルエットを目指した。前出のカイハラのハイパワーストレッチデニムを使⽤し、適度な厚さを保ちながら心地いいストレッチ感を感じてもらえるのも特徴。第二弾にはローライズストレートフィットのジーンズと古着からヒントを得たデニムジャケットを発表。「はき心地やシルエットに対してもポジティブなコメントをいただき、購入いただいたファンの方の着こなしの投稿をチェックするのがいつも楽しみ。またコンセプトを理解してもらい、賛同していただけていることがいちばんうれしいです」。現在はワイドシルエットの新作を開発中だという。「丈夫で強く、どんなスタイリングも合わせやすいのがデニムの魅力。また時間が経つごとに素材の表情が変化するのを楽しみながら、長くはいてもらえると嬉しいです」とローラ。おすすめのスタイリングは「白やエクリュのシャツをインナーに、ニットやスエットを合わせたカレッジ風のコーディネート。少し勇気がいるかもしれないけど、デニムオンデニムのセットアップにも挑戦してみてほしいです」という。

デニム第二弾としてリリースした「ローライズ ストレートフィットジーンズ」は カイハラの“80s オーセンティックデニム”を採用。「絶妙なムラ感、 色の落ち 具合、 肉厚感が魅力。近年、 光沢感を出すために”シルケット加工”をする ことが多いのですが、 この素材はヴィンテージの風合いを再現するために意 図的にその加工が省かれ、 その分薬剤使用も少なく環境にも優しくなっています」。 デニムジャケット¥ 19,800 デニムパンツ¥14,850/ともにStudio R330(ス テュディオ アール スリーサーティー) キャミソール/私物

今後はサステナビリティに関する情報発信にも力を注いでいく。「メディアのようなコンテンツもSNS上で発信していく予定なので、みんなと一緒に学べる環境をつくり、サステナビリティや心に対する意識をお互いに高めていけたらと考えています」。サステナビリティを取り組むには「興味があることから楽しく学ぶことを始めること。そして無理をしないで、できるところから一つずつ行動に移していくことも大事。日常でよく使用しているアイテムにも目を向けて、それらを環境に優しいアイテムに変えていったりするのもいいと思います」と教えてくれた。

STUDIO R330のデニム

「ストレッチが効いている素材の場合は、ある程度フィット感の幅は持たせることができますが、ノンストレッチ素材はサイズ調整も一苦労」と美しいシルエットへのこだわりを語る。(左)「ハイライズスキニー ジーンズ」 はブルー系4色、ブラック系3色、サイズも23~30インチまでラインアップ。¥14,850 (中)脚のシルエットを美しく見せるよう、股上、股下のバランスなどを吟味。右のジャケットともブルーとブラックの2色展開。「ユニセックス ローライズ ストレートフィット」¥16,500(右)ドルマンスリーブのオーバーサイズ。「ドルマンスリーブ デニムジャケット」¥ 19,800 /すべてStudio R330(ステュディオ アール スリーサーティー)

ジーンズ購入で森林再生に貢献!

ステュディオ アール スリーサーティーは「人間と自然が共生する豊かな未来」を目指し社会貢献活動にも積極的に取り組んでいる。「FOREST R330」プロジェクトでは、世界的な森林再生に焦点を当てた非営利組織である「ワン・トゥリー・プランテッド」と提携し、ジーンズ1本の購入につき10本の木をインドネシアで植樹し、通常の収益の一部と合わせて森林再生の植樹活動に充てている。

STUDIO R330
Instagram/@studior330
URL/r330.jp



Text:Mami Osugi Edit:Hiroko Koizumi

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する