03
Lifestyle Post

山野ゆりのぶらりパン歩き リーズナブルなホテルランチ「Tokyo Baker’s Kitchen」

美味しいパンを求めて世界中どこまでも! パン愛にあふれたモデル山野ゆりが、話題の新店から知る人ぞ知る逸品まで、津々浦々めくるめくパンの世界を独自の視点でお届け。今回は、2018年6月にオープンした、三井ガーデンホテル大手町に併設されたベーカリー「TOKYO BAKER'S KITCHEN」のランチを紹介。

東京駅や銀座も徒歩圏内、大手町の駅から歩いてわずか5分の場所に誕生した、三井ガーデンホテル大手町。

今年6月にオープンしたこちらのホテル、その1階にベーカリーが併設されているんです。その名も「TOKYO BAKER’S KITCHEN」。

正面エントランスを抜けると、すぐに開放的でおしゃれな景色が広がります。新しいホテルというだけあって清々しさも抜群。ウッド調でまとまった空間の要所要所に緑が群がり「あ、ここ好きだ」と一瞬で反応。

席数も多いので、一人でもグループでも利用可能。

なんでもここのベーカリー、そのモーニングセットがなんとも興味深い「世界のサンドイッチ」を選べるセットなんだとか! 世界のサンドイッチは全部で9種類。その中から日替わりで提供されるそうです。朝は三井ガーデンホテルの宿泊者しか利用出来なかったのですが、この10月から一般のゲストも利用できるようになりました。

イスラエルのファラフェル、アメリカのルーベンサンド、ベトナムのバインミー、アルゼンチンのチョリパンetc.…。チョリパン?……食べてみたい!

私がお店に伺ったのは平日のお昼。ランチのイートイン利用でいざ! パンを選びます。
ランチでは、この中から二種類好きなパンが選べます。

どれもこれも美味しそう!いろいろなパンがあって目移りしてしまいます。

……ホテルってお高いイメージですが、ここはパンがとてもリーズナブルで驚きました。

パンを選び終えたら好きなデリをチョイスします。デリの他に、モーニングで提供される世界のサンドイッチのセットもありました。ルーベンサンドと迷った挙句、この日は「本日のデリランチセット」に。

彩り鮮やかなデリたち。私はミックスビーンズとレモンマリネ、かぼちゃとカッテージチーズをチョイス。

お会計をしたら好みのドレッシングを。ノンオイルが嬉しいです。

いざ!着席をしていただきます。
こちらが私が選んだランチセット。青々としたボリュームあるお野菜が嬉しい!
パンは友人とシェアしていただいたのですが、これまたびっくりするほど!どれもちゃんと美味しいのです。
写真右上の丸くて黒いパンは、ニューヨークチョコブレッド。真っ黒なフォルムが印象的ですが、味の方も負けていません。モチモチしっとりとした生地に甘すぎないチョコレート。
その横にはベイカーズキッチンの名物、メロンパン。シュークリームのような軽さが売りで、実際食べてみると本当に空気のようにエアリーで罪悪感もゼロ!

下のお皿の目玉焼きのパンはハムと卵の相性が抜群、パン生地の控えめな甘さが絶妙で、お惣菜パンの中でもかなり好きな部類でした。

そしてランチで食べて気に入り、さらにテイクアウトまでしたパンがこちら、塩バターレモンパン! 薄くてしっかりとしたパン生地はバターたっぷりでとてもジューシー! そんな塩バターパンの中から、檸檬の白餡がモタリと現れます。相反するこの甘じょっぱさが旨味になり、味の奥行きになり癖になる! 一度食べたら「また食べたい」とリピートしてしまう魔性のパン!

テイクアウトだけの利用はもちろん、東京に来た際の宿泊にもいかがですか?

TOKYO BAKER’S KITCHEN

住所/東京都千代田区内神田2-1-2
営業時間/
朝食 6:30~10:00(最終入店 9:30)(土日祝 ~11:00(最終入店 10:30))
昼食 11:00~15:00(最終入店 14:30)
夕食 18:00~21:00(最終入店 20:30)
ベーカリー 8:00~18:00
TEL/03-3525-8303
URL/www.gardenhotels.co.jp/otemachi/restaurant/

BACK NUMBERはこちら

Profile

山野ゆり(Yuri Yamano)パンコーディネーター/パンシェルジュ/モデル。雑誌や広告、CMなど幅広く活躍中。日本全国、訪れたベーカリーは数えきれないほど。年に数回は海外へも足を運び、パンを独自の視点で分析。最近では、トークショーや「世田谷パン祭り」でワークショップを開催するなど、活躍の場を広げている。また、モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案中。

Photos & Text: Yuri Yamano

Recomended Post