Food / Editor's Post

コスパ最強の隠れ家“ハイティー”見つけました!

溶けてしまうんじゃないかという猛暑日が続きますが、夏バテの気配もなく食欲はとどまるところを知りません。この勢いのまま秋に突入したら……と考えると恐ろしいです。昼間出歩くのは厳しいですが、暑さが落ち着く夕暮れからスタートする優雅なハイティーに出合いました!

場所は、閑静な白金台のプラチナ通りに面したStellato(ステラート)。本当にここでいいのかな?と少し不安を感じながら3階に上がります。エレベーターに入った瞬間から、物語の中に迷い込んだような気分に。

ガラス張りの高〜い天井に重厚なシャンデリアが輝く異空間! 白金台の真ん中に、こんな非現実世界があったとは。18世紀ヨーロッパに多く建てられたという、オランジェリー(温室)をイメージしているのだそうです。

そんなゴージャスな空間でいただけるのが、夕方5時から提供しているハイティーセット。

※写真は2名分
※写真は2名分

アフタヌーンティーに対して、ハイティーとは夕方から夜にかけていただく夕食を兼ねたお茶会のことを指すそうです。夏季限定のハイティーでは、フレンチのシェフが腕を振るう旬の食材を使った本格料理が楽しめます。

上段は、アミューズ5種の盛り合わせ。フォアグラ、キャビア、ウニなどの高級食材を使いながら、洗練された組み合わせや調理法で新しい味を提案しています。例えばロリポップのような形状の「フォアグラフランボワーズ」はフォアグラをフランボワーズでキャラメリゼしたもの。一般的な生ハムメロンも、香り豊かなイタリアマントバ産の赤肉メロンを使い、ガスパチョ仕立てに。フレッシュな素材の味がより引き立っています。他にも、フォアグラブリオッシュトリュフ、特選牛のタルタルタルトレットイタリア産キャビア、北海道産ウニとうもろこしコンソメジュレなど、一品一品手が込んでいます。

2段目は、目にも美味しい20種の季節の彩り野菜。千葉の市原市ちはら台のコリンキーファームの無農薬・有機栽培のものをたっぷりと。バーニャカウダでいただきます。水茄子が美味しい。

3段目は、5種ある中から3種選べるタルティーヌ。表参道「BARTIZAN Bread Factory(バルティザン ブレッドファクトリー)」のサワードウに、蔵王牛ローストビーフ×トリュフ、自家製スモークサーモン×クリームチーズ、鴨フォアグラ×季節の果物といった、こだわりを感じるバラエティが楽しいです。酸味のあるパンとの相性も◎。

……と、ここまででかなりの満足感なのですが、これだけではありません!!

メインのお肉料理が運ばれてきました! US プライムビーフのロティ、鳥取県産大山鶏のロースト、特選和牛サーロインの藁焼きから一つをチョイスできます。私はビーフをいただきました。旨味のある柔らかいお肉はもちろん、添えてあるトウモロコシのソースまで美味しい。

ここまでがハイティーセットなのですが、これだけの内容で1名¥3,800! 本当に大丈夫ですか?と余計な心配をしてしまいます。

さらに、オプションでデザート(+¥1,200)を付けることもできます。

幻想的な煙に包まれて、スイーツが登場! 人気のバスクチーズケーキ、ガトーショコラ、ココナッツムース、メロンソーダのジュレ、レモンのマカロン、パイナップルとパッションフルーツのタルトレットの季節のスイーツセットです。

こちらもセットには含まれていませんが、オリジナルカクテルを合わせるのもおすすめです。「バニラ コスモポリタン」、「ベリーニ」、「パッション&ココナッツ」など、女性にも好評だそう。確かにとても飲みやすい!

ルーフトップ
ルーフトップ

また、ルーフトップガーデンを利用する人限定で、スパークリングワイン&ソフトドリンク飲み放題付きのプラン(1名¥5,800)も用意。開放的な屋上で、夜の風に当たるのも気持ち良さそうです。

このボリュームとクオリティでこのお値段は都内屈指のハイコスパではないでしょうか!? リピーターが多いというのも納得です。満足感絶大な夏の夜を、素敵な空間で過ごしてみてください。

夏季限定 ハイティーセット
期間/〜2020年8月末予定 ※仕入れ状況により予告なく変更となる場合あり。
価格/1名 ¥3,800円
※ドリンク別。ソフトドリンク(¥300~¥980)、オリジナルカクテル(~¥980)、ペアリングワイン(+¥1,980/3杯)。
※季節のスイーツセット(+¥1,200)
※ルーフトップガーデン限定スパークリングワイン&ソフトドリンク飲み放題付プラン(¥5,800)(雨天の場合は室内利用可)
※仕入れ状況により内容が異なる場合あり。

Stellato

住所/東京都港区白金台4-19-17 3F
時間/ハイティー17:00~23:00(L.O.フード21:00 ドリンク22:00)
※予約は前日17:00まで
URL/ https://stellato.jp/

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなどあらゆるジャンルに幅を広げるべく猛進中。Numero.jpの連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当。スイーツ全般を愛し、なかでもパフェに熱狂的。

Recommended Post

Magazine

ec

Decmber 2020 N°142

2020.10.28発売

Pleasure

私の密かな喜び

オンライン書店で購入する