サステナビリティと向き合った、ブルガリ イル・チョコラートの2023年バレンタイン | Numero TOKYO
Life / Editor's Post

サステナビリティと向き合った、ブルガリ イル・チョコラートの2023年バレンタイン

ブルガリ イル・チョコラートがおくる、ジュエリーのように美しい「チョコレート・ジェムズ」。2023年のバレンタイン限定コレクションが1月12日(木)より発売になりました。

今年は、SDGsをテーマに掲げた新作4フレーバーが登場。SGDsにある17の目標を環境、社会、経済の3つのカテゴリーに分け、自然や環境の上に持続可能な社会生活があり、それを基盤に経済が発展していくと言うモデルを参考に構成したそう。その一つひとつにまつわるストーリーが素敵なのでご紹介します。

ヘーゼルナッツプラリネ

(写真左から)「―To the future 未来へ向かって―」というメッセージを込めた、ヴィーガンのチョコレート。ヴァローナ社の「アマティカ46%」を使用し、ピエモンテ産ヘーゼルナッツをキャラメリゼしてつくる自家製プラリネペーストにオーガニックのカルダモン、シナモン、タイムをブレンド。スパイスの風味がヴィーガンチョコレートの酸味を和らげ、コクのある味わいです。ヴィーガンなので乳製品は不使用、デコレーションのアラザンも白砂糖を使っていないものを選んでいます。

グリーンレモン

小田原の「江之浦測候所」のある「甘橘山」で作られたグリーンレモンの皮、果実、種を丸ごと粉砕し、細いパウダー状に。そこにジャスミンで香りづけしたミルクチョコレートガナッシュを合わせ、ビターチョコレートでコーディング。レモンの苦味と酸味がほんのり上品。「―Nothing is ever wasted すべて大事―」というテーマの通り、自然の恵みを余すところなく活かしています。

アーモンドプラリネ

シチリア産アーモンドとインド産の砂糖を使って作ったプラリネに、フェアトレードのガーナ産オーガニックカカオ、オレンジのゼストを混ぜ込んだもの。カカオはオーガニック農法が難しいとされる地区でオーガニック認証を得ているガーナの農園のものを使っています。驚きなのが、さまざまなハードルをクリアし、このアーモンドプラリネ自体に国際フェアトレード認証を取得したということ。これは、ラグジュアリーブランドとして世界初だそう。「―Enrich minds より豊かに、幸せに―」という思いが込められています。

バジル

農薬や化学肥料、堆肥を一切使わない石川県河北郡のハーブ農園「Paysan」のホーリーバジルを粉末にし生クリームと合わせガナッシュに。フレッシュなバジルが上品に香ります。「―Living with nature 自然と共に生きる―」を体現している農園とのコラボレーションになりました。

「サン・ヴァレンティーノ 2023」(4個入)¥5,200
「サン・ヴァレンティーノ 2023」(4個入)¥5,200

「サン・ヴァレンティーノ 2023」(10個入)¥14,000
「サン・ヴァレンティーノ 2023」(10個入)¥14,000

ボックスのパッケージはブルガリのジュエリーであるディーヴァをモチーフに、SDGsロゴのカラーをイメージしたグラデーションがあしらわれています。

ブルガリ イル・チョコラート メートルショコラティエ 齋藤香南子
ブルガリ イル・チョコラート メートルショコラティエ 齋藤香南子

これらのチョコレート・ジェムズを生み出したのは、ブルガリ イル・チョコラート メートルショコラティエの齋藤香南子さん。バレンタインコレクションの他に、自らインドネシア・バリ島にあるカカオ農園を訪れ豆から選定したオリジナルのチョコレートが期間限定で登場!

チョコレート・ジェムズ「カカオ・バリネーゼ」¥1,730
チョコレート・ジェムズ「カカオ・バリネーゼ」¥1,730

以前に比べて、バリ島のカカオ豆のクオリティが格段とアップしたことに感銘を受けたという齋藤さん。56%と70%のカカオ豆をブレンドし、シンプルな素材でカカオの味わいを楽しめる「カカオ・バリネーゼ」が誕生しました。斎藤さんが「ジューシー」と表現していた通り、フルーティな味わい。こちらの「カカオ・バリネーゼ」は、単品での販売以外に、「サン・ヴァレンティーノ2023」10個入りボックスには、2個含まれています。

ジュエリーにかける思いと同じく、たくさんの情熱とこだわりを詰め込んだチョコレートをぜひ味わってみてください!

販売場所/ブルガリ銀座タワー10F「ブルガリ イル・チョコラート」(ブルガリ ギンザ・バー併設)、松屋銀座B1F「ブルガリ イル・チョコラート」、髙島屋大阪店B1F「ブルガリ イル・チョコラート」、阪急うめだ5F「イル・カフェ」
オンラインショップ

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する