619
Culture Editor's Post

俳優、神木隆之介さん
出演作が続々ロードショー

ryunosuke kamiki
ryunosuke kamiki

映画『太陽』は上映中、8月には声優として新海誠監督作品『君の名は。』が控え、2017年公開の『3月のライオン』のキャスト発表にも名前が挙がっておりますが、宮藤官九郎さんが脚本・監督を手がける映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』がいよいよ2016年6月25日から公開となります。主人公・17歳の大助を演じる神木隆之介さんにお話を聞きました。

Photo:Satomi Yamauchi

取材日は、TOHOシネマズ(六本木ヒルズ)で完成披露試写会が催されたのと同じ日。上映前の舞台挨拶を控える神木さんに直撃し、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の撮影現場でのエピソードからはじまり、俳優としての今とこれから、プライベートでの愉しみまで、終始笑顔で応えていただきました。

先日23歳になったばかりの彼ですが、デビューは2歳なので俳優歴は21年目に突入。今回は高校生役を演じているのですが、20代になって大人になったと感じますか?という問いに、「そうですね、でも、高校生の役はまだできる!と思っています」と。そう話す、まっすぐな瞳が忘れられません。

いいね!

Profile

新村有希子(Yukiko Shinmura)ウェブ・エディター、エディター。服飾専門学校卒業後、キッズファッションのスタイル提案とビジュアル製作に携わり、2012年より女性誌へ。「Numero TOKYO」公式ウェブサイトにて服や人、本や映画を切り口にした東京カルチャーのトレンドを配信中。古着屋巡りに夢中。

Recommended Post