Google Tag Manager (noscript) -->
Yuki Kawamura

N/O releasing

70382436_10157432911020330_2873274176892829696_n

「抗う」をテーマにアパレルと音楽をセレクトする「N/O releasing」(ノー・リリーシング)が京都にオープンしました。

私はPRやコーディネートなどを担当させて頂いております。

この写真は、LOOK BOOKの撮影で訪れたときなので、まだ看板が工事中。。。

しかも誕生日当日だったので、撮影後にお祝いまでして頂いてしまい、、、素敵な思い出になりました!

こちらではレコードやミックステープも取り扱うので、その辺りもちょっとお手伝いさせてもらったりしております。

色々と随時公開になるのが楽しみです〜

69861666_10157401765975330_1116990534057984000_n

スローガンに掲げるのは“All men must rebel.”。「みんな、もっと抗おう」というメッセージです。 思えば、ファッションや音楽は、自分たちの主義主張を表現する、もっとも平和な反抗手段でした。 さまざまなことが細分化されて、多様性が尊ばれる時代ですが、やはり型にはまったステレオタイプ が氾濫している。洋服のチョイスや着こなし、音の選び方、遊び方、そこから世間の不確かな決まりごとを破っていく。そんな意味を込めた“All men must rebel.”。 ちなみに京都ストアのオープンに際し、このスローガンを手描きでしたためてくれたのは、デトロイト・テクノの雄 “Underground Resistance”のChuck Gibsonです。 京都の街中に現れた、小さなアジト。この「平和な反抗」の場に、多くの方が遊びに来てくれることを期待しています。

70429206_10157432911005330_3399302409594339328_n

26b5f175-c71e-4550-852d-1f0b9a3a0d16

ファッションと音楽のセレクト・ショップ「N/O releasing」が、9月、京都・河原町にオープンする。取り扱うラインナップには、海外ラグジュアリー・ストリート・ブランドをはじめ、国内外の気鋭ストリート・ブランドをセレクト。

音楽セクションでは、”N(new)とO(old)”を切り口としたレーベル・ストアを展開。2019AW期には 90年代ヒップホップや、そのルーツ的な音源をレアなアナログ・レコードにてキュレートしている。

また80~90年代に盛況であったMIX TAPE文化をアップデートすべく、オリジナル・カセットテープ・ シリーズを立ち上げ。デトロイト~西海岸からDJ DEXとSantiago Salazar、さらに日本からはDJ Mu-R (from GAGLE)らが初回のシリーズとして店頭に並ぶそうだ。

ストリートに根ざしたファッションと音楽をテーマに、ウェブ・メディアやギャラリーそしてポップアップといった多角的でクリエイティブな展開を仕掛けていくとのこと。

2019 AW LOOKBOOKでは、アーバンポップなバンド “THREE1989”のヴォーカルとして活躍する上村翔平と、今回が初のモデル起用となったボストン在住の高校生Wataruの二人がモデルとして出演。

N/O releasing 2019 AW LOOKBOOK スタッフ・クレジット
Models:Shohey Uemura / Wataru
Photography:So Hasegawa
Styling:Hideyuki Kanemitsu
Hair&Make-up:Yukiko Ookawa / Masano Okada
Coordinate:Yuki Kawamura

bc6f280f-0af6-4c74-8379-560da803b0f5

N/O releasing(ノー・リリーシング)
京都市中京区蛸屋町156
075-201-1004
11:00 – 20:00(定休日:木曜)
http://noreleasing.jp

Twitter&Instagram:@no_releasing

d1a80e0a-e55d-48f6-9745-04596ebfe5a5

71227323_10157431083100330_7269486397659021312_n

Profile

venus kawamura yuki
TOKYO
DJ, lyricist, OIRAN MUSIC producer

渋谷を拠点に活動中のDJ&プロデューサー。98年よりフリーランスのプロデューサーとして、ヨーロッパのダンス・ミュージックのプロモートや、企業のプロモーション企画、イベント制作を担当。2000年から、DJ及びライターとしての活動をスタートする。2003年頃より「Love Parade Mexico」IBIZA島「amnesia」パリ「Batofar」にDJ出演。その後は、ファッション・ショーの音楽演出や「inner Resort」コンピレーションCDシリーズの監修など、バレアリックやチルアウトを軸に独自の選曲感を展開。近年は作詞家として、「バクマン。」「NARUTO」などのアニメ主題歌や、Sam Smithのグラミー賞受賞曲「ステイ・ウィズ・ミー」日本語詞など多くの作品を手掛ける。2014年にはミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」を設立。Sakiko Osawaやナマコプリなど、新たな才能を輩出する。現在は音楽エッセイ連載「渋谷で君を待つ間に」をスタート。毎週第一月曜16時〜渋谷のラジオ「道玄坂爆音部」、毎週金曜20時〜block.fm「shibuya OIRAN warm up radio」にて、選曲とナビゲーターを担当中。

Backnumber

Recommended Post