Fashion / Feature

連載【YouTube】杏子ときっしーの「今日、何着んの?」Vol.4 パンツスタイル

『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』編集長の田中杏子と、コントリビューティング・ファッション・エディターの岸本佳子が私服でスタイリングするYouTube連載「杏子ときっしーの『今日、何着んの?』」。第4回目は、シンプルなブラックや派手柄のパンツルック!

柄物パンツ VS ブラックパンツ

今回のテーマは、ずばりパンツスタイル! チェックやアニマルモチーフでパンツが主役のスタイリングと、普段使いとして大活躍のブラックパンツの2パターンをお届けする。

チャンネル登録

Vol.1 Check & Animal Pattern

杏子がスタイリングする柄物アイテムは、お気に入りのチェックとまるでサファリパークのようなインパクト大のアニマル柄のパンツ。

AKO’S STYLING

普段からワイドパンツを好んで履いている杏子。チェック柄に、タキシードパンツなどで用いられる“側章(そくしょう)”(英語でサイドストライプ)があしらわれているのがお気に入りポイント。パンツ選びのコツは、「履く」「お尻をチェック」「ウエストを落とす」の三箇条。

スタイリングの最後は全体のバランスをヘアで整えます。今回はヘアクリップでサイドにまとめて少し正統派な印象に。杏子お決まりのアイウェアも欠かせません。

サイドストライプのネイビーに合わせて、トップスやバッグも同色で揃えて。デニムジャケットやバッグはシンプルなデザイン選びで、チェックのパンツを主役に。

「動物柄というか動物ですよそれ(笑)」と、きっしーも思わずツッコミを入れる迫力のあるアニマル柄のパンツ。ゴブラン織(15世紀にゴブラン家によってフランス・パリで生まれたタペストリーの一種)のしっかりとした仕立ての派手柄パンツは、シンプルなトップスや小物使いでパンツを引き立てるスタイリングにするのがポイント。

杏子のアニマルパンツのスタイリングの行方は……? きっしーの煌びやかな総スパンコールのパンツも必見! ぜひ動画でチェックを。

Vol.2 Black

どんなスタイリングにも合わせやすいブラックパンツも、フォルムやデザイン次第で全く異なる印象に。シンプルに仕上げたきっしーとゴージャルなムードの杏子。二人のコントラストにも注目!

KISHI’S STYLING

テーパードパンツをカジュアルに着こなすのがきっしーの定番スタイル。Tシャツはフロントをタックインして足長効果&全体のバランスを調整。

シンプルなスタイリングにはキャッチーな小物使いを。ミラーボールのようなビッグサイズのイヤリングは、顔周りで揺れてキラキラと輝くワンポイントアクセントに。

アニマル柄のハイヒールで足元はモードに。シンプルな着こなしだからこそ、ちょっとした小技でグッとおしゃれ度アップ!

AKO’S STYLING

全体に柄の入ったブラックパンツと胸元にプリーツのような装飾が施されたブラウスを合わせたワントーンコーデ。落ち着いた印象の組み合わせも、デコラティブなジャケット1枚羽織れば一気に華やかに。

足元にもシルバーとゴールドの煌びやかなプラットフォームサンダルを忍ばせてスタイリングを昇華。

次回は、イタリアのカシミヤブランド、ファルコネーリ(Falconeri)とコラボレーション。カシミヤニットのスタイリング術をお届け!



Photos : Kouki Hayashi Text:Kefa Cheong

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する