595
Lifestyle Editor's Post

渋谷に誕生した話題の「マスタードホテル」に宿泊!

先日、渋谷にオープンしたばかりの、おしゃれなブティックホテル『マスタードホテル(MUSTARD HOTEL)』にさっそく宿泊してきました!その様子をご報告させていただきます☆

渋谷駅から歩いて10分、9月13日にオープンしたばかりの『SHIBUIYA BRIDGE』を抜けてすぐの場所にホテルがあります。

<エントランス>

1Fにあるエントランスロビーはマスタードカラーのネオンが目印。タクシーで訪れても、外から見逃すことはありませんね。

<Megan ‐ Bar & Patisserie(ミーガン バー&パティスリー)>

ホテルの1Fには朝食からディナーまでのお食事ができる「ミーガン(Megan)」というレストランがあります。宿泊客以外も利用可なので、ティータイムやちょっとしたビジネスの打ち合わせにも使えて便利そう。

朝から美味しいコーヒーを入れてもらえるので、カフェラテを片手に出勤…だなんて、ニューヨーカーのようなライフスタイルも満喫できます。

Wi-Fi環境が整っているので、私もカフェで少しお仕事させていただきました。この日は平日なのでカフェラテですが、週末ならワインを飲みながら原稿書いたりしたいですね。そんな姿がカッコよく決まるのが、都会的なMUSTARD HOTELのいいところです。

Megan – Bar & Patisserie

TEL/03-5962-7648

営業時間/8:00〜23:30(L.O.)
URL/megan.jp/

<ROOM>

こちらが今回、私が宿泊したMUSTARD DELUXEルームです。全76室あるお部屋の中でも一番広いタイプになります。白を基調として、無駄なものがそぎ落とされたミニマルなデザイン。アクセントになってるマスタードカラーがスタイリッシュな印象です。

いきなりですが、1泊旅行に欠かせないMYお泊まりグッズをご紹介。

LVのミニボストン・スピーディには簡単なお着替えやメイク道具を詰めています。軽くて持ち運びに便利なMacBookは、10年近く愛用しているヘッドポーターのパソコンケースに。これさえあればどこにいても、まるで自宅にいるかのように快適に過ごすことができます。

その他、必要なものはすべてホテルに揃っています(そしてここは渋谷…10分歩けばなんだって手に入ります)

<ディナータイム>

夜は1Fのミーガンでディナーをしました!メニューにはいろんな種類のお酒がありますが、ワイン好きの私としては、ビオワインの品揃えが豊富なのも嬉しいポイントでした。ちなみにこちらの微発泡の白ワイン、超絶に美味しかった〜。おすすめです。

季節の食材や素材の持ち味を生かしたニューアメリカンスタイルのお料理が楽しめます。お肉、魚、野菜、どのディッシュもクオリティが高くて、ついつい食べすぎちゃいました。

お腹も満腹になり、そしてエレベーターで上にあがればすぐお部屋があって…これぞ最高のホテルライフです。週末に都内1泊…なんてのも、気分転換になりいいと思います。ぜひ皆様もMUSTARD HOTELを訪ねてみてくださいね☆

MUSTARD HOTEL SHIBUYA

住所/東京都渋谷区東1丁目29-3 SHIBUYA BRIDGE B棟
TEL/03-6459-2842
URL/https://mustardhotel.com

Profile

岸本佳子(Yoshiko Kishimoto)スタイリスト、『Numero TOKYO』コントリビューティング・ファッションエディター。ロンドン留学でファッションを学び、帰国後に『Numero TOKYO』に参加。本誌にてファッションストーリーを担当するなどファッションエディターとして活躍するほか、フリーランスのスタイリストとして雑誌や広告、そしてタレントの衣装なども手がける。ハイ&ローのMIXスタイリングが得意。

Text & Photos:Yoshiko Kishimoto

Recomended Post