34
People Talks

藤原竜也インタビュー
「ジジイの特権を行使するダメ俳優が理想」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.34は俳優、藤原竜也にインタビュー。

Photo:Yuji Nanba
Interview&Text:Maki Miura
Edit:Masumi Sasaki

nmft-723

死者の言葉が生きている人間を通して「再生」される。そんな狂気の物語『プレイヤー』に藤原竜也が挑む。俳優として成熟を増すオンの姿、家庭を持ち父親になったオフの顔。35歳の俳優が芝居への思いや年輪を重ねること、死生観について率直に語ってくれた。

蜷川幸雄さんを失った、これからの自分

──家族ができて、役者として変わったところは?

「ありますよ。市村(正親)さんや(中村)勘九郎さんがたまに子供番組に出ていると、子どものためだよなって思います。ただ、出演作品については特になくて、結婚しても子どもが生まれても変わらずに、鋭い感覚で作品選びをしていたい。 一番大きいのは、やはり蜷川さんが亡くなったこと。次、どこに自分は行くのか。僕は秤を失って、ジャッジをするのは自分自身。これまで間違ったジャッジをするほど、怖いものはないという教育を受けてきて。ただ、偏ったものばかりやるのもよくないと思う。ある意味、今まで囲われているような部分があったわけだから、演出家の栗山(民也)さんとやってみたい、岩松(了)さんも面白いなぁとか、もっと世界を見て、いろんな人の演出を受けて吸収していきたいと思っているんです。そう考えると、今回『プレイヤー』を、長塚圭史さんの演出、前川知大さんの脚本でやらせてもらえるのは、いいタイミング。自分の中の視野が広がればいいなと」

──長塚圭史さんの印象は?

「初めて演出を受けるのですが、作品は昔から観ていますし、飲みの場などでお会いすることも。ただ、ある時三谷幸喜さんから「僕にも書いてって言っておきながら、長塚圭史にも書いてって言っているらしいじゃないか」と言われて、あれ?そんなこと言ったかなぁと思いながら(笑)。
 長塚さんはみんなが知ってる通り、優れた演出家ですし、僕が仲良くしている俳優さんが“圭史”と親しみを込めて呼び、一緒に芝居を作っているのを目の当たりにして、自分も早いうちにやらせていただきたかった」

──前川知大の脚本も、初めてですね。

「前川さんの作品は蜷川さんが演出した『太陽2068』、入江悠さんが監督した映画を観ました。若く才能のある方に、以前に前川さんが主宰するイキウメで上演した土台がありながら、当て書きのように書き下ろしていただくのも貴重な経験だと思います。前川さんの本って、ストレートには到底太刀打ちできない魅力、とんでもない世界観が広がっていて、感覚的に捉えていかないとついていけない。お客さんに「何?」って考えさせるホンになるんじゃないかな」

オンもオフも人生の経験値が稽古に生きる

Profile

藤原竜也(Tatsuya Fujiwara) 1982年5月15日生まれ。埼玉県出身。97 年に蜷川幸雄に見出され舞台『身毒丸』のロンドン公演にて俳優デビュー。2003年『ハムレット』にて、紀伊國屋演劇賞個人賞、朝日舞台芸術賞寺山修 司賞、読売演劇大賞優秀男優賞・杉村春子賞を受賞。『ロミオとジュリエット』(04-05)、『ムサシ』 (09)、『下谷万年町物語』(11)などの蜷川演出作品ほか、数多くの舞台に出演。同時に映画、TV ドラマでも活躍。主な出演作に、ブルーリボン賞 新人賞、日本アカデミー賞主演男優賞・新人俳優賞を受賞した『バトル・ロワイアル』(00)、『DEATH NOTE』(06)、『カイジ』(09)などがある。現在、主演映画『22 年目の告白 ―私が殺人犯です―』公開中。

Recomended Post