381
Culture Post

作・前川知大×演出・長塚圭史の初タッグ!
舞台『プレイヤー』開演

前川知大、長塚圭史と演劇界を担う次世代2人が脚本、演出を手がけ、藤原竜也、仲村トオルをはじめ豪華俳優陣が出演する舞台『プレイヤー』が、8月4日よりBunkamuraシアターコクーンにて公演される。

Text:Masumi Sasaki

プレイヤー宣材-サブ
撮影:細野晋司

9月公開の映画『散歩する侵略者』(黒沢清監督)の原作など、いま最も注目される劇作家・前川知大による脚本、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役をこなす長塚圭史が演出ということで話題の本作。

謎の死を遂げた女性が生者を通じ、死後の世界から語りかける――。2006 年、前川知大主宰の劇団「イキウメ」で上演された『PLAYER』は、死者の声が、選ばれし者(Player)の身体を利用し再生 (Play)されるというサイコホラーで話題を呼び、約 100 人キャパの劇場は連日満員、チケッ ト入手困難となったほど。その戯曲『PLAYER』にインスパイアされた演出家、長塚圭史との約1年にわたる打ち合わせを経て、前川が書き下ろし、『PLAYER』を劇中劇として取り込んだ、< 生きる者が死者の再生装置となっていく劇『PLAYER』>と< 俳優たちが劇作家の言葉を再生する「Play」>を重ねた、多重構造の物語、新作『プレイヤー』が誕生した。

プレイヤー宣材-メイン
撮影:細野晋司

地方都市の公共劇場のリハーサル室を舞台に、国民的なスターから地 元の大学生まで、様々なキャリアを持つ俳優・スタッフたちが集まり、演劇のリハーサルが行われている。演目は、幽霊の物語『PLAYER』。死者の言葉が、生きている人間を通して「再生」されるという、死が生を侵食してくるストーリーは劇中劇と稽古場という二つの人間関係を行き来しながら進行する。
そんな「Player」として狂気を帯びてゆく登場人物には、藤原竜也、仲村トオルを筆頭に、成海璃子、木場勝己、真飛聖といった魅力的なキャストが集結。演じることで死者と繋がった俳優達は、戯曲の中の倒錯した死生観に、どこか感覚を狂わされていく。生と死、虚構と現実の境界が曖昧になっていく…。

ある種の不気味さを帯びたスリリングな展開に、ゾクゾクと身の毛がよだつこと間違いなし。

シアターコクーン・オンレパートリー2017
『プレイヤー』

作/前川知大
演出/長塚圭史
出演/藤原竜也、仲村トオル、成海璃子、木場勝己、真飛聖 他
日程/2017年8月4日(金)〜8月27日(日)
会場/Bunkamura シアターコクーン
料金/S席¥10,500 A席¥8,500 コクーンシート¥5,500
立ち見券(¥2,500〜) 取扱いはチケットぴあのみ
お問い合わせ/Bunkamura
TEL/03-3477-3244(10:00~19:00)
URL/http://www.bunkamura.co.jp/

大阪公演 8月31日(木)〜9月5日(火)森ノ宮ピロティホール
静岡公演 9月9日(土)〜9月10日(日)静岡市民文化会館・中ホール

舞台『プレイヤー』出演の藤原竜也のインタビューはこちら

Recomended Post