Food / Feature

食好き4人が教える、恋する二人へのとっておきのレストラン

出会ったばかりの二人やマンネリ化してきたカップルにもおすすめのレストランを、食通4人に教えてもらいました!(「ヌメロ・トウキョウ」2019年4月号掲載)

“出会って間もない二人のためのピッツェリア”
PIZZA CHECK

「おいしいものが好きな友人に連れていってもらってからランチによく訪れます。初めて食事に来た日、一番最初に冷たいお皿に盛られたパリッとしたサラダを一口食べて『あぁ、とてもいいお店』と思って。新釜で焼かれたピザは生地が本当においしいんです! ここにデートに誘われたらいいお店を知ってる人だなぁってうれしくなりそう。山手通りを流れていく車をぼんやり眺めながら二人でピザを楽しむうちに、距離もぐんと縮まりそうです」

by 市川実和子
1976年3月19日、東京都生まれ。1991年頃より、ファッション雑誌を中心にモデル活動を開始する。2000年頃より、映画とテレビドラマをメインに女優としての活動をはじめる。現在はモデル、文筆など多方面でも活躍中。

山手通り沿いに佇む、黒壁が目印の「PIZZA CHECK」。キッチンのある1階から螺旋階段で2・3階のイートインフロアに上がると、見晴らし抜群のウインドウが。「気持ちいい空間でピザを楽しんでもらいたくて」と店長の斎藤哲平さんはにっこり。国産小麦と国産の天然酵母を使用した手ごねのピザ生地はふかふかもっちもち。モルデッラハムや2種のチーズ、ポテトにとろとろの半熟卵をのせた「ピッツァ・チェック」(¥1,600)は、お店の看板メニュー。すべて直径21cm程度なので、二人で2〜3枚注文して、熱々のうちにいろいろと食べ比べるのがきっと楽しい。

PIZZA CHECK(ピッツァチェック)

住所/東京都品川区西五反田4-2-3
TEL/03-6450-8539
営業時間/11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:30〜22:30(L.O.21:30)
無休

“キャンドルの灯りが揺らめく、妖艶な空間”
dame-Jeanne

「ふと思い立って夜遅く、あるいはお芝居を見た後の余韻に浸るために、ふらりと立ち寄る一軒。暗闇に近い店内は、小さな店ながらプライバシーが程よく保たれていて、テーブルを囲むのが仲の良い2人なら、キャンドルが揺らめく妖艶な雰囲気に、本音をさらけ出してしまうかも。ご夫妻の誠実さがにじむ手書きメニューに並ぶ料理は、食べる前からおいしさを確信できるものばかり。瓶で供される圧巻のピクルスをはじめ、王道の料理がぴかっと光る味」

by 萬田久子

1958年大阪市生まれ。19歳でミス・ユニバース日本代表に選ばれ22歳にNHK朝の連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』で女優デビュー。その後ドラマ、映画、舞台、海外ドラマの吹き替えなど幅広く活躍。着物もトレンドの洋服もさらりと着こなす。

店内は闇に近い。一組、また一組とゲストが到着するたび、卓上のキャンドルが灯され、妖艶な陰影に包まれていく。神泉で11年目を迎える小さなフランス料理店は、今も店内で喫煙が可能。フォアグラサラダ(¥1,800)やカスレ(¥2,600)など、各地の伝統料理、家庭料理をベースにした一皿からはフランスが香り立ち、ワインリストは16席の店とは思えぬ充実ぶり。4〜5時間かけてゆっくり食事を楽しみに訪れるリピーターに、このどこかデカダンな雰囲気ごと愛されている。

dame Jeanne(ダム・ジャンヌ)

住所/東京都渋谷区円山町23-4 サトウ コーポラス1F
TEL/03-3496-2755
営業時間/18:00〜28:00(L.O.27:00)
※深夜要予約
定休日/日・月

“気持ち華やぐ、カジュアルなモダンフレンチ”
L’AS

「初めてのデートや付き合って間もない二人にぴったりなのが、こちらのお店。コースを頼むとお料理を楽しむためのサプライズがあるほか、一品一品に遊び心が感じられる。初々しいカップルにはさらなるドキドキ感を味わわせてくれるレストランです。モダンでハイセンスな雰囲気なのですが、気取っていなくて居心地がすごくいい。きっと二人の距離を近づけてくれる、とても素敵なお店です。実は、私もデートで行ったことがあります♡」

by エリーローズ

12歳で篠山紀信氏撮影の写真集でデビュー。イギリス人の母(スタイリスト)と日本人の父(フォトグラファー)の間に生まれ、英語と日本語のバイリンガル。ティーン誌などを経て、大人気女性誌「ViVi」モデルを10年務めて卒業、現在は「sweet」「Gina」など様々な女性ファッション誌に出演。2008年から始めたDJ活動も人気を呼び、DJ活動は年間60本以上。日本各地のみならず、ヨーロッパ圏やアジア圏を中心にワールドワイドに活躍中。

南青山にお店を構える「L’AS」。2012年のオープン以来、全9品の創作料理が楽しめるコース(¥5,000)や良心的なサービスから、常に客が絶えないモダンフレンチ。コースは4週間に一度更新されるので、食事に来るたびにサプライズ感を楽しめるのもうれしい。9品中、特に恋人同士に人気なのがワンハンドで味わえる一品。この日はピザ感覚で楽しめる「ラディッキオ・タルディーボのタルティーヌ」で、焼きたてのパイ生地にほろ苦いラディッキオと香ばしいチーズソースがマッチ。二人ともワイン好きなら、ぜひペアリングで堪能して(プラス¥5,000)。

L’AS(ラス)
住所/東京都港区南青山4-16-3 南青山コトリビル1F
TEL/080-3310-4058
営業時間/17:30〜23:30(L.O.22:00)
不定休

“彼とアメージングな食を楽しめるレストラン”
Sel Sal Sale

「気の合う友人や地元大阪の友人と月2〜3回は食事に来ます。メニューは潔く、お料理が十数品楽しめるコース一択。ビブグルマンを獲得しても不思議じゃないクオリティなのにたった6,500円。これなら男一人の力でもカッコつけられるし、女性も遠慮なしに楽しめちゃうでしょ? 私は男の人にはカッコつけてほしいなって思うの(笑)。食に造詣が深くてイケメン(!)なスタッフたちが、恋が始まったばかりの二人をきっとリードしてくれますよ」

by クリス-ウェブ 佳子

「VERY」専属モデル。コラムニストとしても活躍。イギリス人の夫をはじめ、国際色豊かな交友関係を持つ。バイヤー、PRなど幅広い職業経験で培われた独自のセンス、率直な物言いと広い見識が話題となり、ラジオ番組レギュラー出演、トークショーやイベントにも多数出演。また、空間や商品プロデュースの分野でも才覚を発揮する。2017年にエッセイ集「考える女(ひと)」、2018年7月には著作2冊目となる「TRIP with KIDS こありっぷ」を出版した。

恵比寿駅から路地に入った先にある「Sel Sal Sale」は、一口では語れないレストラン。都内の人気イタリアンで経験を積み世界10か国を渡り歩いた濱口昌大シェフの遊び心あふれる創作センスが、料理や空間に反映されているから。「イタリア・プーリア州で前菜の盛り合わせを頼んだとき、一つのメニューなのに十数皿も出てきた。そのときの予期しなかった食の楽しさを自分もお客さんに提供できたらなと」。キャラメリゼしたフォアグラのトーストや「牡蠣と洋梨」、鯛とトマトの一口カッペリーニなど未知なる“おいしい!”に彼と二人、思わずにっこり。

Sel Sal Sale(セルサルサーレ)

住所/東京都渋谷区恵比寿西1-16-7 ハギワラビル1F
TEL/03-6416-5230
営業時間/17:30〜23:00
不定休

愛が深まる♡レストランガイド

Photos:Koji Yamada, Kouki Hayashi Text:Kei Sasaki, Nao Kadokami Edit:Saki Shibata

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する