337
Culture Editor's Post

窪塚洋介×蜷川実花、豪華撮影&対談に興奮!

 

発売中の「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年3月号では連載「蜷川実花 裸のオトコ」に窪塚洋介さんが登場しています。マーティン・スコセッシ監督に認められ、映画「沈黙-サイレンス-」に出演。今、世界中が一番見たい男です。
オーディションの様子や、台湾で行われた過酷なロケ、監督とのやりとり、映画の裏話から、あの、マンションから落ちた時のことまで。ここでしか聞けない話もいっぱい伺いました。

蜷川さんとはお互いが“スペシャルな関係”というほど、これまでに写真集や映画「ヘルタースケルター」など何度も仕事をしている仲。撮影は数年ぶりという二人でしたが、ホテルの一室で順調にシューティングスタート。

二人きりの空間。時折聞こえる二人の笑い声、シャワーの音、シャッターを押す間の濃密な空気が伝わってきます。そして、かなりギリギリまで魅せてくれた、窪塚さんの引き込まれる男の色気たっぷりの写真は蜷川さんと窪塚さんの関係性あってこそ。そしてこれが見られるのもNumeroならではです。

窓際で、ベッドで、バスルームで。

濃密な写真は是非本誌でチェックしてください。

「沈黙−サイレンス−」は只今劇場で公開中です。遠藤周作原作。隠れキリシタンを描いた、壮絶な映画です。窪塚さん演じるキチジローの苦悩、叫び。信仰とは何かを考えさせられる映画です。この素晴らしさを沢山の人に見て欲しい!

雑誌を購入する

ヌメロ・トウキョウ 2017年3月号はこちら

Profile

軍地彩弓(Sayumi Gunji)エディトリアル・ディレクター。大学在学中よりフリーランスライターとしてキャリアをスタート。卒業後は雑誌『ViVi』でファッションライターとして活躍し、創刊から在籍していた『GLAMOROUS』のファッションディレクターに就任。2008年に現コンデナスト・ジャパンにて新雑誌創刊に尽力した後、『VOGUE girl』の創刊と運営に携わる。2014年、株式会社gumi-gumiを設立し同年7月より『Numero TOKYO』に参加。ドラマ「ファーストクラス」のファッション監修など幅広く活躍。

Recomended Post