Scene/Asia ワークショップ&アッセンブリーに参加 | Saeborg
BlogSaeborg
Scene/Asia ワークショップ&アッセンブリーに参加

【Scene/Asia企画】
Scene/Asia ワークショップ&アッセンブリー

集会|トーク|ワークショップ

[Scene/Asia program]
Scene/Asia Workshop & Assembly

Scene/Asiaは、アジアで展開する複数の「シーン」=社会状況/舞台を共有し、その知をアクティブに体験・活用するためのプラットフォームとして、ウェブ上でのオンライン・キュレーションや東南アジア各地でのリサーチを展開中している。
今回シアターコモンズと連動して開催するのは、これまでの3年間の活動で蓄積された思考や対話を参加者と共有する4日間にわたる集中ワークショップおよびアッセンブリー(集会)だ。参加者は①レクチャー ②観劇(マーク・テ演出「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」 ③ワークショップ ④アッセンブリー(集会)の4つのステップを経験しながら、アジアにおける同時代表現と向き合い、批評的な思考を構築する視座やスキルを共に学んでいく。
最終日夜に行われるScene/Asiaアッセンブリーでは、ワークショップ参加者、講師らが一同に介し、創作、キュレーション、批評など、4日間の成果を発表。そこで提出された問いを、グループディスカッションなどを通じて一般観客とともに深める。

  • プログラム詳細
  • ワークショップ
  • 225日(日)11:00-17:00
    11:00-13:00 イントロダクション+プレレクチャー 岩城京子「アジアにおけるポスト・インターカルチュアル演劇」
    14:00-17:00 マーク・テ演出「バージョン2020:マレーシアの未来完成図、第3章」観劇およびトーク参加
    終了後:懇親会あり
  • 226日(月)10:30-18:00
    10:30-16:00 ベトナムを代表するアーティスト、チャン・ルーンによる特別レクチャー、「アジア」をめぐる歴史的視座を再検証する講義など
    16:00-18:00 ワークショップ課題の共有、ディスカッション
  • 227日(火)10:30-18:00
    ワークショップ:ディスカッション、リサーチなど
  • 228日(水)10:30-18:00
    ワークショップ:ディスカッション、アッセンブリーに向けた準備など
  • アッセンブリー
  • 228日(水)19:00-21:30
    4日間に渡る集中ワークショップの参加者、講師らが一堂に会し、創作、キュレーション、批評など、その成果を発表。そこで提出された問いを、グループディスカッションなどを通じて一般観客とともに深めます。
    登壇者|Scene/Asiaワークショップ参加者、チャン・ルーン、岩城京子、相馬千秋 、
        Scene/Asia参加アーティスト、 市原佐都子、岩崎孝正、キュンチョメ、玄宇民、サエボーグ、佐藤朋子、
    柴田悠、西本健吾

プロフィール

チャン・ルーン
1960年ハノイ生まれ、同地在住。パフォーマンス、インスタレーションなど多様なメディアを通して政治や社会の変化を批評的な視点で表現、キュレーターとしても活動する。1983年アーティスト・コレクティブ「ギャング・オブ・ファイブ」を共同で設立。1998年ベトナム初となるアーティスト主導の実験的スペース「ニャサン・スタジオ」を共同で設立し、数々の重要な展覧会を企画。昨年の「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」では、炭鉱トンネル内で鉱夫らと実施した共同ワークショップ《マオ・ケー炭鉱プロジェクト》(2001)と、その一環で行われたパフォーマンス《スチームライス・マン》(2001)記録映像などを展示して話題を集めた。

  • 日時
    • *日程を、都合により225日(日)-28日(水)に変更いたしました。チラシに掲載されております日程と異なります。ご了承ください。
    • ワークショップ
    • 225日(日)11:00-17:00
    • 226日(月)10:30-18:00
    • 227日(火)10:30-18:00
    • 228日(水)10:30-18:00
    • アッセンブリー
    • 228日(水)19:00-21:30
  • 会場
  • ワークショップ|芝浦区民協働スペース
  • 105-0023 港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦1F
  • アッセンブリー|SHIBAURA HOUSE
  • 108-0023 港区芝浦3-15-4
  • 会場お問合せ│03-5419-6446

  • 参加方法
  • ワークショップ|無料・要予約(応募者多数の場合は選考あり)
  • 定員15名程度
  • 原則として4日間の全日程に参加できる方
  • -2018210日(土)2359分に募集を〆切。応募者多数の場合は抽選を行い、212日(月)までに応募者全員に結果を連絡。
  • ワークショップのお申込はこちら
  • アッセンブリー|無料・要予約(先着順)
  • どなたでもご参加いただけます
  • アッセンブリーのお申込はこちら
  • 上演言語
  • 日本語、一部英語(日本語逐次通訳つき)
  • クレジット
  • 助成|国際交流基金アジアセンター アジア・文化創造協働助成、公益財団法人セゾン文化財団

Profile

Saeborg


saeborg

サエボーグ(saeborg)はラテックス製の着ぐるみ(スーツ)を自作し、自ら装着するパフォーマンスを展開するアーティストです。主な展覧会に岡本太郎現代芸術賞作家特別展示「HISSS」(岡本太郎記念館、東京、2015)、「Slaughterhouse-13」(Joshibi galleria nike、東京、2015)、「のけものアニマルーきみといきる。」(はじまりの美術館、福島、2015)、日本財団アールブリュット合同企画展「TURN/陸から海へ」(鞆の津ミュージアム、広島、2015)、「第17回岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館、神奈川、2014)にて岡本敏子賞受賞。

Recommended Post