三浦しをん原作「光」大森立嗣監督による映画化に出演 | Saeborg
BlogSaeborg
三浦しをん原作「光」大森立嗣監督による映画化に出演

光_メイン

三浦しをんさん原作の「光」が大森立嗣監督によって映画化!

出演に井浦新さんや瑛太さんなど、豪華フルタッグ!!、、の中に、サエボーグのサエポ―クも出演しております。

 

光_ポスタービジュアル

 

過去の忌まわしい事件が、25年たった今、再び迫りくる─。
原作 三浦しをん×監督 大森立嗣。
逃れることの出来ない運命に翻弄され、「野生」を目覚めさせた人間を描く、
過酷で濃厚なサスペンス・ドラマ。

『光』
監督・脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん (『光』 集英社文庫刊)
音楽:ジェフ・ミルズ
出演:井浦新/瑛太/長谷川京子/橋本まなみ  南果歩/平田満 ほか
配給:ファントム・フィルム (2017年 日本 137分 R15+)
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会
hi-ka-ri.com
◎11/25(土)、新宿武蔵野館・有楽町スバル座ほか全国ロードショー!

東京の離島、美浜島。記録的な暑さが続くその島で暮らす中学生の信之は、信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。同級生は、幼馴染で美し い恋人の美花ただひとりだ。ある夜、美花と待ち合わせた信之は、島の外部からやってきた者に、美花が犯されている姿を見てしまう。美花を救う為に、信之は 取り返しのつかない罪を犯す。そして次の日、理不尽で容赦のない自然の圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させる。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。
それから二十五年。妻(橋本マナミ)と、一人娘とともに暮らしている信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去の事件の真相を仄めかし、やがて、封じ込めていた過去の真相が明らかになっていく。秘密を握る輔は、記憶の中の信之を取り戻すため、信之と美花を脅し始める、信之は美花(長谷川京子)を守ろうとするが―。

 

予告編が出たばかりなので是非↑こんなシリアスな空間にサエボーグが登場。

hikari2

私の豚は新さんと絡んでます。岡本太郎美術館も登場します。監督がTARO賞でサエボーグを知って下さったみたく、嬉しい♡

光_サブ④

新さんは普通のお父さん役のため地味な格好してますがキラキラル溢れてました。いぶし銀みたいな感じ。映画「ピンポン」でメガネ男子王子の名を欲しいままにしただけあります

光_サブ①

井浦新×瑛太!腐女子ミーハーとしては涎モノです。それだけの映画ではないのであまり強調したくないのですが、つい。。2人とも外ではサングラスや帽子をかぶってキラキラルが溢れるのを防ぐファッションをしていましたが、頭身バランスが尋常ではないので、バレバレでした。

光_サブ⑧

11/25(土)、新宿武蔵野館・有楽町スバル座ほか全国ロードショーです。お楽しみに~♥

 

井浦新と瑛太が鬼気迫る表情でキレる、蹴る、叫ぶ!「光」予告編

映画「光」に原作者・三浦しをんがコメント「ものすごい映画だ」 – 映画ナタリー

[映画ニュース] ジェフ・ミルズの音楽が“狂気”を彩る!井浦新×瑛太「光」特報公開

ジェフ・ミルズ、大森立嗣監督の映画『光』で初めて劇場公開映画に音楽提供 | NME Japan

「暴力はやってくるのではない。帰ってくるのだ」過去の忌まわしい事件が再び迫りくる―。人間の心の底を描いた、三浦しをん『光』井浦新・瑛太ら出演で実写化決定(ダ・ヴィンチニュース) – Yahoo!ニュース

三浦しをんwikipedia
大森監督wikipedia
光 Amazon販売
光インタビュー

Profile

Saeborg


saeborg

サエボーグ(saeborg)はラテックス製の着ぐるみ(スーツ)を自作し、自ら装着するパフォーマンスを展開するアーティストです。主な展覧会に岡本太郎現代芸術賞作家特別展示「HISSS」(岡本太郎記念館、東京、2015)、「Slaughterhouse-13」(Joshibi galleria nike、東京、2015)、「のけものアニマルーきみといきる。」(はじまりの美術館、福島、2015)、日本財団アールブリュット合同企画展「TURN/陸から海へ」(鞆の津ミュージアム、広島、2015)、「第17回岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館、神奈川、2014)にて岡本敏子賞受賞。