Fashion / Post

追悼カール・ラガーフェルド。セレブが贈ったお別れの言葉

2019年2月19日(現地時間)、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が85歳で逝去した。彼を失った悲しみの声が、ファッション界内外から届いている。モデルやデザイナー、女優などのセレブたちがSNSに寄せたコメントを見れば、彼がいかに愛されていたかがわかる。そんな追悼メッセージの一部を紹介。

リアーナ

View this post on Instagram

KARL.

badgalririさん(@badgalriri)がシェアした投稿 –

アルベール・エルバス
「あなたがいなかったら世界は違っていた」

ナオミ・キャンベル
「サウスロンドンから来た16歳の少女にチャンスを与えてくれてありがとう」

ドナテラ・ヴェルサーチェ
「あなたの素晴らしい才能と尽きることのないインスピレーションを決して忘れません」

マーク・ジェイコブス
「彼は私にとって偉大なインスピレーション源でした」

ヴィヴィアン・ウエストウッド
「ユーモアのセンスが抜群で、服作りに情熱を捧げた人物でした」

ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ
「カール・ラガーフェルドと14年間一緒に働きました。彼からはビジネスに関するすべてを学びました」

YOON
「半世紀に渡って私たちをインスパイアしてくれてありがとう」

ヴァージル・アブロー
「この写真一枚で僕たちの世代は夢を見ることができた」

View this post on Instagram

@virgilablohがシェアした投稿

ヴァレンティノ・ガラヴァーニ
「この悲しみを言葉で表すことはできません」

ミシェル・ゴベール
「あなたと音楽を共有できたことは大きな喜びでした」

ジェレミー・スコット
「悲しみで言葉がありません。あなたとの思い出を永遠に大切にします」

トム・フォード
「カールはファッションの礎を築いてくれました。彼がこの世にいないと思うと寂しいです」

ケイト・モス

シンディ・クロフォード
「あなたの驚くべき才能と生きる喜びが失われたことは、ファッションとあなたを愛する私たちにとって寂しくなります」

クラウディア・シファー
「カールは魔法のように、シャイなドイツ人の女の子をスーパーモデルに変えてくれました」

リンダ・エヴァンジェリスタ
「カール、あなたは私の人生の愛そのものです」

ヘレナ・クリステンセン
「初めてカンボン通りのオフィスに足を踏み入れた日から、あなたは素晴らしい旅に私を連れ出してくれました」

ナタリア・ヴォディアノヴァ
「胸が張り裂けそうで心の準備ができていません。私にしてくれたすべてのことに感謝しています」

ジゼル
「カールに会ったのは17歳のとき。彼は今までに出会ったなかでも、最も優しく穏やかな人です」

サーシャ・ピヴォヴァロヴァ
「あなたと巡り会い、マスターピースの数々を作り出すのを見ることができたのは、光栄でした」

カーラ・デルヴィーニュ
「カールよ永遠に」

ジェマ・ワード
「あなたと仕事ができたことは誇りです」

ハンネ・ギャビー・オディール
「たくさんの思い出と比類なき伝説を残してくれてありがとう」

カーリー・クロス
「天才的な創造力だけでなく、彼は優しい心と寛大さを持った人でした」

水原希子
「今までカールがこの世界に残してくれた数えきれいほどの芸術たちは、これから先もずっと人々のインスピレーションとなり、強さとなり、癒しになり、愛され続けるでしょう」

ケンダル・ジェンナー
「あなたの美しいショーの一部になれて幸せでした」

ジジ・ハディッド
「魔法のような仕事ぶりを間近で見ることができたことに感謝しています。あなたのような人は他にいません」

カイア・ガーバー
「あなたがいたからこそ、世界は美しく輝きました」

アレクサ・チャン
「あなたをインタビューする前は怖かったけど、実際は寛大でウィットに効いた人でした」

エル・ファニング
「13歳のとき、初めてシャネルのファッションショーに招待されて以来、私のファッションの見方は変わりました」

ケイティ・ペリー
「カールはユーモアのセンスと思いやりがある人でした」

サラ・ジェシカ・パーカー
「あなたと一緒に仕事をして、食事をして、ショーを見て…いつも畏敬の念でいっぱいでした」

カール・ラガーフェルドのインタビューを読む

Text: Yukiko Shinto

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する