Food / Feature

RIKACOがナビゲート
ちゃんと美味しいオーガニックカフェ&レストラン6選

TVや雑誌で活躍する一方で、オーガニックをテーマにした『be my self』のプロデュースなど、健康的な食生活を心がけているRIKACO。そんな彼女がおすすめする、小さなことから始められるオーガニックライフとは? 第二弾は、RIKACOも実際に通っている、ちゃんと美味しいおすすめのオーガニックレストランをご紹介。

5. BROWN RICE
by NEAL’S YARD REMEDIES

ブラウンライス バイ ニールズヤード レメディーズ

rikaco#10_restaurant_03-1
rikaco#10_restaurant_03-1

一汁三菜¥1,700(土日祝 前菜付き¥2,200)

RIKACO「ヘルシーなのに味はしっかり。ふっくら玄米に心もほっこり」

イギリスのオーガニックコスメブランド「ニールズヤード レメディーズ(NEAL’S YARD REMEDIES)」がプロデュース。オーガニックコスメショップやアロマやハーブについて学べるスクール、トリートメントを体験できるサロンを併設した「ニールズヤード グリーンスクエア」表参道店直結のレストランには、たっぷりと太陽の日が差し込み、リラックスできる落ち着いた空間が広がる。

rikaco#10_restaurant_03-2
rikaco#10_restaurant_03-2

rikaco#10_restaurant_03-3
rikaco#10_restaurant_03-3

rikaco#10_restaurant_03-4
rikaco#10_restaurant_03-4

“体の中からキレイになる”をコンセプトに2003年にオープンし、3年前にリニューアル。食堂をイメージしたという店内は、日本の“和”とイギリスの“洋”をごく自然にミックスさせた洗練された雰囲気。

rikaco#10_restaurant_03-5
rikaco#10_restaurant_03-5

店名である「BROWN RICE=(玄米)」の通り、ふっくらと炊かれた玄米のおいしさは格別。富山の農家から仕入れているという玄米は、お客からお店でも販売してほしいとの声が上がるほどの味。

rikaco#10_restaurant_03-6
rikaco#10_restaurant_03-6

玄米菜食で構成されたメニューには、野菜や豆類を中心としたヘルシーでバランスのとれた料理が並ぶ。伝統的な日本の家庭料理に心までほっとほぐれていくよう。また、スイーツには三之助豆腐を使った自家製豆腐のアイスククリームなど、グルテンフリーのメニューもあり、ダイエット中の女性にも◎。食意識の高い外国人も多く訪れる今注目のジャパニーズオーガニックレストラン。

rikaco#10_restaurant_03-7
rikaco#10_restaurant_03-7

旬野菜のせいろ蒸し膳¥1,700(土日祝 前菜付き¥2,200)
豆腐のレモンケーキ¥750
日本茶×ハーブブレンドティ「爽・禅・美・華」¥850…など
※スイーツは15:00以降オーダー可

住所/東京都渋谷区神宮前5-1-8 1F
TEL/03-5778-5416
営業時間/11:30~18:00
URL/www.nealsyard.co.jp/brownrice/

体調や気分に合わせてビューティチャージ
Inner Beauty Bar

Photos:Yuji Numba
Text:Mari Higure
Edit:Yukiko Shinmura, Kefa Cheong

Profile

RIKACO(りかこ)13歳のモデルデビューから現在はタレント、ファッションディレクター、今年秋にはオーガニックアドバイザーの資格を取得し多岐に渡り活躍中。2001年にトータルディレクターとして始めたdinosの通販「RIKACO’s style」は今年15年目を迎える。食育を考え2009年よりスタートさせた「be my self」はオーガニックに特化しフード、アロマ、ヨガを通しそのフィロソフィーを発信。自身の50歳を記念した最新書「RIKACO’S BASIC」では10代より偏愛しているファッションアイテムの着回しを伝授。 HP/www.rikaco.co.jp

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する