Food / Feature

RIKACOがナビゲート
ちゃんと美味しいオーガニックカフェ&レストラン6選

TVや雑誌で活躍する一方で、オーガニックをテーマにした『be my self』のプロデュースなど、健康的な食生活を心がけているRIKACO。そんな彼女がおすすめする、小さなことから始められるオーガニックライフとは? 第二弾は、RIKACOも実際に通っている、ちゃんと美味しいおすすめのオーガニックレストランをご紹介。

2. Organic Bistro mother esta
オーガニックビストロ マザーエスタ

rikaco#10_restaurant_06-1
rikaco#10_restaurant_06-1

オーガニックベジタブルカレー¥1,450

RIKACO「ボリューミーなランチはコスパよし! 新鮮な有機野菜に舌鼓」

中目黒駅から徒歩で約10分。目黒川を臨む絶好のロケーションにあるオーガニックビストロ「マザー エスタ(mother esta)」。広々とした明るい店内には寄木のフローリングやオープンキッチンなど、まるで海外のビストロのようなシックな雰囲気が漂う。

rikaco#10_restaurant_06-2
rikaco#10_restaurant_06-2

rikaco#10_restaurant_06-5
rikaco#10_restaurant_06-5

メインとなるのは、有名レストランから信頼の厚いレストラン専門青果卸店「築地御厨」の内田氏セレクトによる有機・無肥料の無農薬野菜や自然栽培野菜。皿の上に広がる色とりどりの野菜は見た目にも美しく、その新鮮さに驚くこと請け合い。

rikaco#10_restaurant_06-4
rikaco#10_restaurant_06-4

一番人気は、15種類もの旬の野菜を使用した「オーガニックベジタブルカレー」。ライスを覆うように新鮮野菜と柔らかなハーブ三元豚のしゃぶしゃぶが盛り付けられ、そこに玉ねぎやトマトで甘さを含んだルーをたっぷりかけていただくカレーはまさに絶品! 日によって変わるライスは14穀米と玄米を使用。素揚げした野菜とライスが噛むごとに甘さを増し、とろりとした濃厚なルーとのコンビネーションが絶妙。ランチタイムはこのカレーにスープとサラダ、プチデザートとソフトドリンクがついて1,450円というコスパの良さも魅力。

rikaco#10_restaurant_06-3
rikaco#10_restaurant_06-3

ランチ
オーガニックベジタブルカレー¥1,450
日替わりプレート¥1,250
たっぷりサラダ¥1,300…など

ディナー
エスタサラダ¥2,400
フォアグラとドライプルーンのテリーヌ〜紅玉りんごのジャム添え〜¥1,500
下仁田葱の丸ごとロースト〜鴨ラグーソースと温泉卵添え〜¥1,600
たっぷり季節野菜のパルジャミーノ玄米リゾット¥1,800
酵素ポークのロースステーキ ~冬根菜のスモークロースト添え〜(150g)¥2,600…など

住所/東京都目黒区青葉台2-20-14 青和ビル1F
TEL/03-5724-5778
営業時間/11:30~14:00(L.O.)、18:00~22:00(フードのみL.O.)(月火木金)
11:30~15:00(L.O.)、18:00~22:00(フードのみL.O.)(土日祝)
※L.O.より1時間後クローズ
定休日/水曜日
URL/www.mother-esta.com

お花に囲まれていただく食事は格別
Nicolai Bergmann NOMU

Photos:Yuji Numba
Text:Mari Higure
Edit:Yukiko Shinmura, Kefa Cheong

Profile

RIKACO(りかこ)13歳のモデルデビューから現在はタレント、ファッションディレクター、今年秋にはオーガニックアドバイザーの資格を取得し多岐に渡り活躍中。2001年にトータルディレクターとして始めたdinosの通販「RIKACO’s style」は今年15年目を迎える。食育を考え2009年よりスタートさせた「be my self」はオーガニックに特化しフード、アロマ、ヨガを通しそのフィロソフィーを発信。自身の50歳を記念した最新書「RIKACO’S BASIC」では10代より偏愛しているファッションアイテムの着回しを伝授。 HP/www.rikaco.co.jp

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する