ケイト・ハドソン、歌手活動が疎遠だった家族と復縁するきっかけに | Numero TOKYO
Culture / News

ケイト・ハドソン、歌手活動が疎遠だった家族と復縁するきっかけに

©Bang Media International
©Bang Media International

ケイト・ハドソンは、歌手活動を通して疎遠だった実の父親や義母弟妹との溝を埋めたという。

ゴールディ・ホーンとビル・ハドソンとの間に生まれたケイトは、生まれた翌年に両親が離婚。ゴールディのパートナーであるカート・ラッセルを父親代わりとして、兄オリバー・ハドソンと弟ワイアット・ラッセルと一緒に育った。しかし、ケイトにはさらに実の父親ビルの他の交際相手との間に出来た異母弟妹のララニア、ザック、エミリー・ハドソンがおり、最近連絡を取り合うまで何年も疎遠だったそうだ。

今回、ファーストアルバム『グロリアス』をレコーディングすることで、ミュージシャンのビルやもう一方の家族との距離を縮めることができたそうで、ケイトはバラエティにこう語った。

「音楽は私にとって、父との繋がりやハドソン側との繋がりなど、別のものをもたらしてくれると思う。それは、父との関係、あるいは父との関係の欠如という、とても個人的な物語ととても結びついている。音楽に関しては興味深いことに、ハドソン一家と繋がっていなかったから、音楽的にはいつも孤独を感じていた。今はハドソン一家とのつながりが深まったことで、歌手活動の根元がどこか本当に理解できるようになった。実際にかなり自然なものだったのよ。音楽は私にとってカタルシスを与えてくれただけでなく、兄弟や父ともまたつながりができた。とても素晴らしいことだわ」

そんなケイトは今年初めにポッドキャスト番組で、「去年『なぜ他の弟妹と話さないんだろう』と思う瞬間があったけど、最近また連絡を取り合うようになった。正直に言うと、妹と電話をしていて、私たちは泣き始めたの。すごく嬉しかったわ。私には素晴らしい家族がいる。美しい母がいる。継父は人生に安定した父親を持つことがどういうことかを理解する上で、とても大きな役割を果たしてくれたけど、私たちが実の父親を知らなかったという事実から目をそらすことはできない。人は時に、自分は一人ではないということを再考する必要があると思うわ」と明かしていた。

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する