新田桂一の写真展が開催。俳優 伊勢谷友介を被写体にしたポートレート作品を展観 | Numero TOKYO
Art / News

新田桂一の写真展が開催。俳優 伊勢谷友介を被写体にしたポートレート作品を展観


写真家・新田桂一の新作個展「Shit Happens」が、表参道にあるAND COLLECTION Contemporary Artにて2月8日(木)より開催される。

新田桂一は、アメリカのファッション・フォトグラファー、テリー・リチャードソンのもとで研鑽を積み、2006年に帰国すると国内外のファッション/カルチャー誌のカバービジュアルをはじめ、グーグル(Google)、ニューバランス(New Balance)といったナショナルクライアントのアドバタイジングや、2020年に開催された東京パラリンピックのビジュアルワークを手掛けるなど、現在に至るまで精力的な活動を続けるフォトグラファー。

新田が、俳優に留まらず多岐に渡って活躍する伊勢谷友介の人柄や、役者としての在り方に魅了されたことから今回の合作が実現。本展では、被写体に伊勢谷友介を据え、伊豆を舞台に撮り下ろしたポートレート作品が展観される。


開催に併せて発表されたステートメントによると、今回の個展は日常に起こる様々な出来事に対して強かに生きること、惑わされることのない気丈な心であり続けることに重きを置いたものだという。予測不可能な自然界の中でも飾り気なく躍動的な構図を織りなす写真群は、日常を過ごす私たちへ強く正直に生き抜くための手がかりを示しているようにも見える。今回の撮影がいつ行われ、ステートメントがどの段階で作成されたかは分かりかねるが、年明けに起こった大きな自然災害や広がる政治不信など、日常を脅かすありとあらゆる出来事に気丈な心と叡智、それに他者を思いやる優しさを持って困難に立ち向かうという点においては、鑑賞者それぞれに何かしらの示唆を与えるものだと言えよう。

なお、会期終了は2月19日(月)。フォトグラファーと役者という2人の表現者が魅せる瑞々しい共作をぜひお見逃しなく。

新田桂一写真展「Shit Happens」
期間/2月8日(木)〜2月19日(月)
時間/11:00~20:00
会場/AND COLLECTION Contemporary Art
住所/東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号 表参道ヒルズ 本館 B2F
入場料/無料

AND COLLECTION
TEL/03-6447-1775
URL/and-collection.com

Text: Tetsuya Sato

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する