松山智一&カルロス・ロロンによるキュレーション展@KOTARO NUKAGA | Numero TOKYO
Art / Post

松山智一&カルロス・ロロンによるキュレーション展@KOTARO NUKAGA

現代美術家・松山智一が、カルロス・ロロンとともにキュレーションを手がけた展覧会「ながくとも四十に足らぬほどにて死なんこそめやすかるべけれ(Die Young, Stay Pretty)」が、東京・六本木のKOTARO NUKAGAにて開催。会期は、2023年3月10日(金)〜4月28日(金)まで。 

小誌『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』も注目している、世界の第一線で活躍する現代美術家の松山智一(※1)。今回はプエルトリコにルーツを持ち、シカゴを拠点に活動するアーティストのカルロス・ロロンとともに、国際的アーティスト9名によるグループ展のキュレーションを手がけている。

(※1)関連記事
Numero.jp/アーティストがパンデミックの日本でできること。松山智一が日本初の作品集に込めたメッセージ

本展には、2人の呼びかけにより、フーマ・ババ、セイヤー・ゴメス、カンディダ・ヘーファー、桑田卓郎(※2)、ジョエル・メスラー、マリリン・ミンター、エルヴィン・ヴルムら、MoMA(ニューヨーク近代美術館)や「ヴェネチア・ビエンナーレ」などでも展示実績があるアーティストの作品が集結。

(※2)関連記事
Numero.jp/陶芸家・桑田卓郎の新作展 @KOSAKU KANECHIKA

ロロンと松山の根底には、西洋以外から生まれる「美」に向き合うという共通点がある。本展は、美術の歴史において絶えず検討されてきた「美(美しさ)」という概念とそこに内包される多面性、そして「美は普遍的ではない」ということについて対話を重ねていくなかで企画されたという。

展覧会タイトルの「ながくとも四十に足らぬほどにて死なんこそめやすかるべけれ。」は、『徒然草』の第七段「あだし野の露」より抜粋。変わりゆく“今”をとらえた、カルロス・ロロンと松山智一を含むアーティスト9名の作品で構成される本展。この機会にぜひ体感してみよう!

※掲載情報は3月17日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

「ながくとも四十に足らぬほどにて死なんこそめやすかるべけれ(Die Young, Stay Pretty)」
会期/2023年3月10日(金)〜4月28日(金)
会場/KOTARO NUKAGA
住所/東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル2F
開館時間/11:00〜18:00
休館日/日、月、祝
URL/https://kotaronukaga.com/news/3906/

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

MARCH 2024 N°174

2024.1.26 発売

Tokyo, My Love

トーキョー再発見!

オンライン書店で購入する