銀座 蔦屋書店に新スペース 誕生! 第1弾は友沢こたお展 | Numero TOKYO
Art / Post

銀座 蔦屋書店に新スペース 誕生! 第1弾は友沢こたお展

開業5周年を迎える銀座 蔦屋書店に、新たなアートスペース「FOAM CONTEMPORARY」が2022年7月3日(日)にオープン。それを記念して、アーティスト・友沢こたおによる個展「Monochrome」が開催。会期は2022年7月3日(日)〜26日(火)まで。

友沢こたお 『slime CXXI』 (2022年)
友沢こたお 『slime CXXI』 (2022年)

 

GINZA SIXの6Fに位置し、「アートのある生活」の提案をモットーにさまざまな企画を通して、注目すべきアーティストを独自の視点で紹介してきた銀座 蔦屋書店。開業5周年という節目を迎え、新たな試みとして、アートスペース「FOAM CONTEMPORARY」を始動した。

その第1弾として、小誌『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』もいち押しアーティストとしてフィーチャーした友沢こたおの個展が開催されている。

(関連記事)
Numero.jp/ブレイク間違いなしのいち押しアーティストたち【1】友沢こたお

友沢こたおは、フランス・ボルドー出身。スライム状の物質と有機的なモチーフが絡み合う独特な人物画で、国内外から注目を集めるアーティストだ。東京藝術大学在学時より久米桂一郎賞、上野芸友賞を受賞。国内外の展覧会やアートフェアに参加し、アーティストとしての存在感を確かなものとしてきた。

友沢こたお 『slime CXXII』 (2022年)
友沢こたお 『slime CXXII』 (2022年)

「Monochrome」と題された本展では、新作油彩画を発表するほか、油彩画を元にした版画も販売。シンプルな構成ながら、物質の質感や透け感、柔らかさのリアルな表現が鑑賞者に強い印象を与える。

内観イメージ
内観イメージ

今後も、アートの価値や醍醐味を探求、醸成する表現空間として、さまざまなアーティストを紹介していくという「FOAM CONTEMPORARY」。日本のアートシーンを多角的に映し出す場で開催される本展に、どうぞご注目を!

※掲載情報は7月6日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

友沢こたお 「Monochrome」
会期/2022年7月3日(日)~26日(火)
会場/銀座 蔦屋書店「FOAM CONTEMPORARY」
住所/東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
開館時間/11:00~19:00
休館日/月曜
料金/入場無料
URL/https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/26961-1020480601.html

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

MARCH 2024 N°174

2024.1.26 発売

Tokyo, My Love

トーキョー再発見!

オンライン書店で購入する