ベネディクト・カンバーバッチ、ウェス・アンダーソン監督作品に主演へ | Numero TOKYO
People / Post

ベネディクト・カンバーバッチ、ウェス・アンダーソン監督作品に主演へ

©Bang Media International
©Bang Media International

ベネディクト・カンバーバッチが、『奇才ヘンリー・シュガーの物語』を原作とした映画に主演する。

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』が話題のベネディクトは、『グランド・ブタペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督によるロアルド・ダールの同短編集を原作としたネットフリックスの新作で、ものが透けて見えたり、未来を予測する方法を教える本を盗むタイトルロールの男を演じる。 キャスト陣には、レイフ・ファインズ、デヴ・パテル、ベン・キングズレーも名を連ねている。 フィクションとノンフィクション作が収められている1982年発表の原作には、その能力を発見したことにより、マフィアに追われたり、ハリウッドのメイクアップアーティストの協力を得て新たなアイデンティティーを形成したり、世界中に孤児院を設立したりするヘンリーの冒険が描かれている。

ベネディクトは複数のストーリーからなる同作で、ヘンリー役のほかにも、数々のキャラクターに扮する予定だという。

 


 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する