Art / Post

現代美術家の岡田裕子がレポート!「梅津庸一展  ポリネーター」

フロレアル -汚い光に混じった大きな花粉- 2012-2014 愛知県美術館所蔵 Photo by Ichiro Mishima
フロレアル -汚い光に混じった大きな花粉- 2012-2014 愛知県美術館所蔵 Photo by Ichiro Mishima

ドローイングや点描画のような絵画作品、自身を素材としたパフォーマンス映像、陶芸作品から、キュレーションなど、その領域は多岐にわたる現代アーティスト、梅津庸一の個展「梅津庸一展  ポリネーター」が東京・ワタリウム美術館で開催中。植物の花粉を運んで受粉させる媒介者”ポリネーター”、梅津自身の立ち位置ともいえる言葉を題した展覧会を現代美術家の岡田裕子がレポートする。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2021年12月号掲載)

展示風景 Photo by Fuyumi Murata
展示風景 Photo by Fuyumi Murata

グニャと温かく粉っぽい迷宮

 「ポリネーター」とは<花粉媒介者>という意味。カタカナで『ター」で終わる言葉は、そのミッションを任された特殊な職業というような気配がある。「梅津自身の立ち位置をたとえて選んだ言葉」だということだ。アーティストの仕事はポリネーターのようなものなのかもしれない。

梅津庸一氏の作品はいつも謎めいている。裸体の彼が既存の名画になぞらえてさまざまなポーズを取った絵画や、自然の風景を裸で彷徨うような映像。作品の中にいる梅津氏は、エバとはぐれてしまったエデンのアダムみたいに見える。

今回の個展は近年の陶芸作品が大量に展示されている。彼の想像上の道具である《花粉濾し器》が終わりなき修練を重ねるかのように多数制作されている。グニャとした形の陶の建物がジオラマ的に立ち並ぶ街が広がる。花粉を出し切って虚脱したような、中折れしたヤシの木のような連作もある。これらの手業の温かみや不慣れなたどたどしさみたいなニュアンスは、なんだか小学校の図工の時間に子どもたちが作る粘土作品に似ている。おそらく形状には官能的な意味合いが含まれていよう。この官能+図工というマッチングが、いけないものを覗き見てしまったようなヤバみがある。

展示風景 Photo by Fuyumi Murata
展示風景 Photo by Fuyumi Murata

会場の壁は梅津氏の手により荒々しくアースカラーでペイントされ、まるで花粉を塗りたくったよう。過去の点描を用いた技法の絵画作品も点々が花粉に見えてくる。甘くむせ返りそうな梅津氏の花粉は、長いコロナ禍で装着し続けている不織布マスクを易々と通り越した。そうして受粉した私たちは、甘美な迷宮のような会場をもう一回りしたくなるのだ。

展示風景 Photo by Fuyumi Murata
展示風景 Photo by Fuyumi Murata

展示風景 Photo by Fuyumi Murata
展示風景 Photo by Fuyumi Murata

展示風景 Photo by Fuyumi Murata
展示風景 Photo by Fuyumi Murata

「梅津庸一展 ポリネーター」

会期/2021年9月16日(木)〜2022年1月16(日)
会場/ワタリウム美術館
住所/東京都渋谷区神宮前3-7-6
休館日/月曜日(9/20、1/10は開館)、12/31-1/3
開館時間/11:00〜19:00
入館料/大人 ¥1,200 / 学生(25歳以下) ¥1,000
TEL/03-3402-3001 
URL/www.watarium.co.jp

Text:Hiroko Okada Edit:Sayaka Ito

Profile

岡田裕子Hiroko Okada 現代美術家。多様な表現手法で、実体験 ─恋愛、結婚、出産、子育て、介護─ から着想した現代社会へのメッセージ性の高い作品を制作。個人活動以外にも 「会田家」「W HIROKO PROJECT」「オルタナティブ人形劇団『劇団★死期』」などのアートプロジェクトを行う。作品集『DOUBLE FUTURE─ エンゲージド・ボディ/俺の産んだ子 』刊行。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する