Art / Post

再注目のアート領域へ 「ミニマル/コンセプチュアル」

再評価が進む、1960〜70年代のミニマルアートとコンセプチュアルアート。その国際的な広がりに寄与したフィッシャー夫妻のコレクションを紹介する展覧会が開催中。千葉県のDIC川村記念美術館にて、2022年1月10日(月・祝)まで。

60〜70年代、アメリカを中心に大きなムーブメントを起こしたミニマルアートと、それに続いて現れたコンセプチュアルアート。時代の潮流の中で新しく生まれたこれらの芸術を発信する国際的な拠点の一つとなったのは、67年にドイツ・デュッセルドルフでオープンしたコンラート・フィッシャーの画廊だった。
コンラートは、気鋭のアーティストらの展覧会を斬新なプロセスで手がけながら、作品も蒐集。こうした作品はもちろんのこと、妻・ドロテと共に展覧会のために記録・保管した書簡や指示書、ドローイングなどの資料は、当時の芸術動向を知る上で重要な役割を果たす。

コンラート・フィッシャーとギルバート&ジョージ(デュッセルドルフ、プラターネン通り、1973年11月) Konrad Fischer Galerie
コンラート・フィッシャーとギルバート&ジョージ(デュッセルドルフ、プラターネン通り、1973年11月) Konrad Fischer Galerie

本展「ミニマル/コンセプチュアル」では、故フィッシャー夫妻のコレクションから、60〜70年代のミニマルアートとコンセプチュアルアートを中心に、国内初公開作品を含む約150点の作品や資料を展示。さらに国内で所蔵されている主要作品を加え、その制作過程をひも解くアーカイブが公開される。
なお、本展は、夫妻のコレクションを収蔵した、ドイツのノルトライン゠ヴェストファーレン州立美術館の全面協力によって実現した。

ギルバート&ジョージ『アーチの下で(ボックス)』(1969年) ノルトライン゠ヴェストファーレン州立美術館、デュッセルドルフ
ギルバート&ジョージ『アーチの下で(ボックス)』(1969年) ノルトライン゠ヴェストファーレン州立美術館、デュッセルドルフ

異なる主張や特性を持ちながらも、どちらも「芸術とは何か」を問い直したミニマルアートとコンセプチュアルアート。今日のアートに多大な影響を与えた二つの芸術動向を振り返る本展を、ぜひお見逃しなく。

 

※掲載情報は10月24日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

ミニマル/コンセプチュアル:ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960–70年代美術
会期/2021年10月9日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
会場/DIC川村記念美術館
住所/千葉県佐倉市坂戸631
料金/一般 1300円、学生・65歳以上 1100円、小中学生・高校生 600円(事前予約制)
休館/月曜日(但し、2022年1月3日、10日は開館)、2021年12月25日(土)〜2022年1月1日(土)
TEL/050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL/kawamura-museum.dic.co.jp/

Text : Manami Abe

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する