Culture / Post

第73回エミー賞、『ザ・クラウン』が7冠!

©Bang Media International
©Bang Media International

『ザ・クラウン』が、2021年9月19日(日)に開催された第73回プライムタイム・エミー賞で7冠を制した。

英王室を描いたネットフリックスによる同ドラマは、ドラマ部門の作品賞を始め、オリヴィア・コールマンが主演女優賞、ジョシュ・オコナーが主演男優賞、ジリアン・アンダーソンが助演女優賞、トビアス・メンジーズが助演男優賞に輝いている。

コメディ部門では『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』が、作品賞ほか、ジェイソン・サダイキスが主演男優賞、ブレット・ゴールドスタインとハンナ・ワディンガムが助演男優賞、助演女優賞をそれぞれ受賞した。

またリミテッドシリーズ/アンソロジー/テレビムービー部門では『クイーンズ・ギャンビット』が作品賞に輝いた一方、『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』のケイト・ウィンスレットが主演女優賞を受賞、「これは文化的瞬間で、人々を繋げ、世界規模のパンデミック以外の話をする機会を与えました」とケイトは喜びを語った。

このほか、『ル・ポールのドラァグ・レース』が、コンペティション番組部門で11回目の受賞を果たし、ル・ポールが黒人として史上最多受賞の記録を達成している。

第73回エミー賞の主要受賞者一覧:

ドラマ部門

作品賞:『ザ・クラウン』(ネットフリックス)

主演男優賞:ジョシュ・オコナー『ザ・クラウン』

主演女優賞:オリヴィア・コールマン『ザ・クラウン』

助演男優賞:トビアス・メンジーズ『ザ・クラウン』

助演女優賞:ジリアン・アンダーソン『ザ・クラウン』

コメディ部門

作品賞:『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』(Apple TV+)

主演男優賞:ジェイソン・サダイキス『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』

主演女優賞:ジーン・スマート『ハックス』

助演男優賞:ブレット・ゴールドスタイン『テッド・ラッソ:破天荒コーチが行く』

助演女優賞:ハンナ・ワディンガム『テッド・ラッソ:破天荒コーチが行く』

リミテッドシリーズ/アンソロジー/テレビムービー部門

作品賞:『クイーンズ・ギャンビット』(ネットフリックス)

主演男優賞:ユアン・マクレガー『HALSTON/ホルストン』

主演女優賞:ケイト・ウィンスレット『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』

助演男優賞:エヴァン・ピーターズ『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』

助演女優賞:ジュリアンヌ・ニコルソン『メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実』

 


 

Photo: Bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する