Art / Post

衝撃! “耳で視る”evalaの“音の映画”作品を限定上映

サウンドアーティストevala(See by Your Ears)による革新的なインビジブル・シネマ『Sea, See, She - まだ見ぬ君へ』 が、第24回文化庁メディア芸術祭アート部門にて優秀賞を受賞。それを記念した4日間限定公演が、東京・表参道のスパイラルホールにて開催される。期間は、2021年8月28日(土)〜31日(火)まで。

新たな聴覚体験を創出するプロジェクト「See by Your Ears」を主宰する、音楽家・サウンドアーティストのevala。立体音響システムを楽器として駆使し、独自の“空間的作曲”によって、先鋭的な作品を国内外で発表している。また、公共空間、舞台、映画などにおいて、先端テクノロジーを用いた独創的なサウンドプロデュースも手掛け、注目を集めている。

Photo:Susumu Kunisaki
Photo:Susumu Kunisaki

本作は、完全な暗闇の中で“耳で視る”という感覚をもたらすインビジブルな“音の映画”。約70分の間、音だけの世界に包まれることにより、観賞者それぞれの自由なイマジネーションを刺激する。視覚情報過多の現代において、音の持つ可能性を最大限に引き出す試みだ。2020年1月に世界初上映された際は、メディアやSNSで大きな話題を巻き起こした。

(関連記事)
Numero.jp/サウンドアーティストevala、“耳で視る”革新的映画を上映

その作品が、第24回文化庁メディア芸術祭アート部門にて優秀賞を受賞。9月下旬から始まる受賞作品展に先駆けて公開される。会期中、8月29日(日)の最終上演終了後には、evalaと本作の演出を担当した関根光才による トークセッションを開催。申し込み方法は公式サイトをチェック。

人間が本来持つ知覚を呼び起こし、音から物語を描く本作。この特別な機会に、ぜひ体感してみよう!

※掲載情報は8月19日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 インビジブル・シネマ
「Sea, See, She – まだ見ぬ君へ」

会期/2021年8月28日(土)〜31日(火)
会場/スパイラルホール
住所/東京都港区南青山5-6-23 スパイラル3F
上映時間/約70分
28日(土)、30日(月)
11:30〜12:40、14:10〜15:20、16:20〜17:30、18:30〜19:40
29日(日)
11:30〜12:40、13:40〜14:50、15:50〜17:00、18:00〜20:00(上演+トークセッション)
31日(火)
11:30〜12:40、13:40〜14:50、15:50〜17:00
※各回入れ替え制
※開場は各上映開始時間の30分前
※入場受付締め切りは開演10分前
※対象年齢6歳以上(推奨)
※事前予約制
※チケットのお申込みは1人あたり1日1枚となります。複数時間枠の予約はご遠慮ください。
料金/無料
URL/https://j-mediaarts.jp/news/sea-see-she

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する