Art / Post

渋谷慶一郎の新作、進化するオルタ3と人間による新しいオペラ

2021年8月21日(土)、22日(日)東京・新国立劇場にて、音楽家・渋谷慶一郎作曲による新作オペラ『Super Angels スーパーエンジェル』が世界初上演される。科学技術と人間の共生をテーマに、新国立劇場のオペラ、舞踊、演劇の3部門が制作を手がけた特別企画。子どもたちとアンドロイドの「オルタ3」、オペラ歌手やオーケストラ、バレエダンサーが共に創り上げる、まさに“新たなオペラ”。

総合プロデュース・指揮は新国立劇場オペラ芸術監督の大野和士、オリジナル台本を作家の島田雅彦が書き下ろした。

本作で描かれたのは、15歳になると適性検査で選別され、全知全能AIの管理下におかれる世界。「異端」指定されたアキラは開拓地に送られ、教育係のアンドロイド、ゴーレム3とAIドクターのエリカと出会う。

ゴーレム3をアンドロイドの「オルタ3」が演じ、少年アキラ役は世界的なカウンターテナーの藤木大地、エリカ役は三宅理恵が演じる。オルタ3はこの作品のためにプログラムを新たに開発し、進化して登場するという。この歌声のコラボレーションを想像するだけで、ワクワクしてしまうファンは多いはず。

演出監修は演劇部門芸術監督の小川絵梨子、舞踊シーンの振付は新国立劇場バレエ団の貝川鐵夫が担当し、同バレエ団より渡邊峻郁、木村優里らが出演。

そして大野和士指揮による東京フィルハーモニー交響楽団、新国立劇場合唱団、世田谷ジュニア合唱団、そして視覚や聴覚に障がいのある子どもたちが合唱や手話でパフォーマンスする「ホワイトハンドコーラスNIPPON」が参加する。

総合舞台美術は、針生康がディレクション! さらに、映像にはAphex Twinとのコラボレーションなどで知られるアーティスト WEiRDCORE(ウィアードコア)が招かれた。

本作は2020年に上演される予定だったが、コロナの影響により今年が初演となる。クラシックからコンテンポラリー、人間からアンドロイド、大人からこども、楽器からデジタル技術、映像まで、さまざまなジャンルから集結した、まさに今だからこその作品。「オペラ」という枠も、あえて超えていくにちがいない。アンドロイドと人が出会い、生み出される表現はぜひライブで感じてほしい。

渋谷慶一郎
子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ
『Super Angels スーパーエンジェル』

日程/2021年8月21日(土)・8月22日(日)
会場/新国立劇場 オペラパレス
予定上演時間/未定
全1幕〈日本語上演/日本語及び英語字幕付〉
料金/大人 ¥6,600(中学生以上) 子ども(4歳から小学生)¥3,300
前売開始/7月10日(土)10:00
公演サイト /www.nntt.jac.go.jp/opera/super_angels/

Text:Hiromi Mikuni

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する