People / Post

ジョン・コーベット、『セックス・アンド・ザ・シティ』続編でエイダン役を続投

©Bang Media International
©Bang Media International

ジョン・コーベット(John Corbett)が『セックス・アンド・ザ・シティ』続編で、エイダン役を続投することが明らかになった。

オリジナルのドラマでサラ・ジェシカ・パーカー演じるキャリー・ブラッドショーの恋人役を演じ、2010年の映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』にも登場していたジョンが、HBO Maxで配信される『アンド・ジャスト・ライク・ザット…』の数話でも姿を表すことになるようだ。

ジョンはニューヨーク・ポスト紙にこう明かす。「あの番組に出るよ」「何話かね」「あの番組の人たちはみんな大好きだし、ずっと良くしてくれてる」

同番組に向けては、ミランダ役のシンシア・ニクソン、シャーロット役のクリスティン・デイヴィスも出演が決定しているが、サラ・ジェシカと長年不仲が続いているサマンサ役のキム・キャトラルは復帰しないことが明らかになっている。

また、キャリーと結婚したはずのミスター・ビッグ役を演じていたクリス・ノースも出演しないことになっており、ミランダのパートナーであるスティーヴ役も登場しないと言われる一方、その役を演じたデビッド・エイゲンバーグは全く可能性がないわけではないことを示唆するコメントをしていた。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する