People / Post

カーラ・デルヴィーニュ、 「トイレでお喋りするのが好き」!?

©Bang Media International
©Bang Media International

カーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)の自宅バスルームには、友人とお喋りするために、トイレが二つ横に並んで設置されているという。

パリのファッションショーで見たものにインスピレーションを受けたそうで、「トイレでお喋りするのが好き」なカーラは、1つの部屋に2つのトイレという夢のバスルームを実現させるため、トップデザイナーのトム・バートレットに依頼したそうだ。

そんなカーラは世界で最も稼ぐモデルの1人であるが、沢山のお金は幸せを保証するものではないと自認しており、孤立して不幸せになることを避けようと心に決めているとして、「私はお金が全てじゃないって実感している。『お金は稼いでいるけど、心の底から不幸せで一人っきりだ』って思う時がくるものよ」と語っていた。

また、カーラは父親の経営する不動産会社の取締役でもあり、昨年この会社がロンドンで最も裕福なエリアの不動産を購入していたことが明らかになっている。不動産を長期的な投資としてみるカーラは、この業界への投資に熱心だそうで、関係者が以前次のように話していた。「長期的な投資として不動産が無難なのは周知の事実ですので、カーラも手を付けていたんです。サッカー選手や芸能人は、価値が落ちにくいので物件に投資するのが常になっていますね」

一方で、父親の野心的な人生へのアプローチを讃えるとしてカーラは、「どこにでも移動でき、ロンドンで育った私の環境はとても恵まれていた。信じられないようなこと」「素晴らしい家族がいて、私の父はお金持ちの家庭で育ったわけじゃないけど、巨大な野望の持ち主で、自分の家族や私たち全員を世話することに奔走している」と語ってもいた。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する