People / Post

デヴィッド・ボウイの誕生日にイマンがメッセージ

 ©Bang Media International
©Bang Media International

故デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の誕生日に妻だったイマン(Iman)がメッセージを綴った。

がんとの闘病後2016年に他界したボウイだが、生きていたら74回目の誕生日となるはずだった1月8日(金)、イマンがインスタグラムに故人を偲ぶ投稿をした。

「あなたを想う度に一輪の花を手にしたら、私は永遠に花園を歩き続けることができる」という19世紀のイギリスの詩人、アルフレッド・テニスンの言葉を引用したイマン、他にもライブ中の写真に「bowieforever」とタグ付けしたり、ボウイがプラダの傘の下自分にキスをする写真と共に「おでこへのキスは魂のためのもの」と綴っている。

そんなイマンは今後自分は決して再婚しないだろうと話してもいた。「デヴィッドは日々、私たちの心や精神の中に生きている。一度娘から再婚するつもりがあるのって聞かれたことがあるけど絶対にないって答えた。見えるところに彼が隠れているの。彼のファンだってまだいる、その音楽は今でも人気がある。彼が亡くなった時、私はハイキングに出て、目の前を青い鳥が飛んだの。何よりも青い鳥がよ!」

ちなみに娘アレクサンドリア・ザーラ・ジョーンズ(20)、ボウイと前妻との間にできた息子ダンカン・ジョーンズ(49)がいるイマンだが、生前の2人の関係についてこう話してもいた。「本当にありふれた毎日の結婚生活だった。彼はとても可笑しくて、心の温かい紳士だった。皆彼の未来的なところとかについて語るけど違うわ、彼はそういう人ではなかった。スリーピースのスーツを着るのが何よりも好きだったから。美しく、普通の生活だった。そこが素晴らしいところだったの。ニューヨークに住んで、学校に娘を迎えに行って色んな場所を散歩した。もっと長く一緒の時間を過ごせたら良かったのにって思う」

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

149_H1_ec

SEPTEMBER 2021 N°149

2021.7.28発売

Shoes Adore!

靴が好きすぎる

オンライン書店で購入する