Art / Post

アートブックの祭典「TABF」が「VABF」としてバーチャル開催

アジア最大級のアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」が、今年はバーチャル空間で開幕。「VIRTUAL ART BOOK FAIR」として、2020年11月16日(月)〜23日(月・祝)まで行われる。

 

日本初のアートブックフェアとして、2009年から年に一度、東京で開催されている「TOKYO ART BOOK FAIR(TABF)」。個人やグループ、企業などがブースを開き、アートブックやアーティストブック、ZINEなどの売買を行う人気イベントとして、毎年成長をし続けてきた。
今年は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、予定していた東京都現代美術館での開催は見送られたものの、オンライン上で形を変えて実施される。この「VIRTUAL ART BOOK FAIR(VABF)」では、東京都現代美術館の建物を模したバーチャル空間で、国内外約230組のアーティストや出版社、ギャラリーが集結。展示やトークショー、サイン会なども行われる。

本フェアのメイン企画となる「Guest Country」では、デザイン大国・オランダをフィーチャー。これは、毎年一つの国やエリアの出版文化に焦点を当てる企画として15年からスタートしたもので、今年はゲストカントリーであるオランダの出版社やアーティストによる出展のほか、オランダのアートブックシーンをひもとく四つの展覧会やトークショーなどで構成される。

また、今年は新たな試みとして、新型コロナウイルス感染症が与えた経済的影響による資金不足を補填するために、クラウドファンディングプロジェクト「VABF KIOSK」が立ち上げられた。リターンには、アーティストやデザイナーが手がけたZINE やトートバッグ、ポスターなど、魅力的な限定アイテムが多数用意されている。

「VABF KIOSK」のリターン品のトートバッグ。 Experimental Jetset 『Tokyo or not Tokyo?』 ©︎ Experimental Jetset ※画像はイメージのため、実際の商品とは異なる場合があります。
「VABF KIOSK」のリターン品のトートバッグ。 Experimental Jetset 『Tokyo or not Tokyo?』 ©︎ Experimental Jetset ※画像はイメージのため、実際の商品とは異なる場合があります。

リアルイベントを展開する「micro FOOD & IDEA MARKET」
リアルイベントを展開する「micro FOOD & IDEA MARKET」

「VABF」では幅広い関連イベントも展開される。中でも、東京都現代美術館で開催される展覧会「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」や企画展「MOTアニュアル2020 透明な力たち」にちなんだトークイベントのライブ配信に注目が集まる。

そして、本フェアの会期中には、東京都現代美術館と、有楽町の多機能型市場「micro FOOD & IDEA MARKET」の2カ所がリアル拠点となり、「VABF」体験コーナーなどを設置。特に、micro FOOD & IDEA MARKETには9組のブースが並び、展示やイベントを直接楽しむことができる。詳細は、公式サイトを確認のこと。どうぞ、お見逃しなく!

 

※掲載情報は11月14日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

VIRTUAL ART BOOK FAIR
会期/2020年11月16日(月)〜23日(月)(コアタイムは、11:00〜19:00)
会場・URL/virtualartbookfair.com/

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する