Art / Post

藤元明 × アンリアレイジ「ソノ アイダ#有楽町」開幕

「ソノ アイダ#有楽町」 提供:三菱地所
「ソノ アイダ#有楽町」 提供:三菱地所

店舗の入れ替え期間を活用したアートプロジェクト「ソノ アイダ#有楽町」が、アーティスト・藤元明によるディレクションのもと始動。第一弾として、ファッションブランド「アンリアレイジ(ANREALAGE)」とのコラボレーション・ポップアップ展示が行われる。

2020年以降の大手町・丸の内・有楽町エリアにおけるまちづくりとして、三菱地所が取り組む「丸の内NEXTステージ」。有楽町再構築の大きな柱として「文化・芸術」を掲げ、これまでにさまざまな取り組みを支援し、促進してきた。

その取り組みの一つ「ソノ アイダ」は、アーティスト・藤元明が中心となって行われているアートプロジェクト。建築家の永山祐子の参加のもと、空き家物件などの空間的・時間的な“すき間(=その間)”を空間メディアとして活用し、アーティストらの活動の場として生み出してきた。
なかでも、大手町・丸の内・有楽町エリアで行われる「ソノ アイダ#有楽町」に注目が集まっている。その第一弾は、藤元が手がけるアートプロジェクト「2021」とデザイナー・森永邦彦のファッションブランド「ANREALAGE」によるコラボレーション・ポップアップ展示「2●21×ANREALAGE」-OFFICIAL SHOP-だ。

藤元明と森永邦彦(参考イメージ)
藤元明と森永邦彦(参考イメージ)

「2●21×ANREALAGE」-OFFICIAL SHOP- (参考イメージ)
「2●21×ANREALAGE」-OFFICIAL SHOP- (参考イメージ)

東京オリンピックの延期や新型コロナウイルス感染拡大によって引き起こされた“全く先の見えない時代”をモチーフに、実在しないTOKYO 2021のオフィシャルグッズなどの展示販売を行う。そこには、今の世界的災害と喪失を乗り越え、本展が世界の希望の一端となるように、という想いが込められている。

また、9月11日(金)からは、アートの廃材を回収・販売するアートプロジェクト「副産物産店」の有楽町支店が期間限定でオープン(※1)。こちらもあわせてお見逃しなく!

(※1)参考記事:Numero.jp「編集部の物欲リスト! 「副産物産店」の家具」

副産物産店(参考イメージ)
副産物産店(参考イメージ)

 

※掲載情報は8月27日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

「2●21×ANREALAGE」-OFFICIAL SHOP-
会期/2020年8月21日(金)~9月6日(日)
会場/国際ビルヂング1F
住所/東京都千代田区丸の内3丁目1-1
入場料/無料
時間/13:00~19:00(土・日曜日、祝日は11:00~)
休館/なし
URL/sonoaida.jp/

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する