Art / Post

隈研吾の建築をバーチャル空間で@LIXILギャラリー(オンライン)

LIXILギャラリー(東京・京橋)が主催し、日本の建築・美術界を牽引するクリエイターを監修者に迎え企画を行う「クリエイションの未来展」。第23回目となる、建築家・隈研吾監修企画のオンライン展「Multiplication」が開催中。東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムに採用されたことでも知られる野老朝雄と、デザイン事務所・noizによる特別展も。

日本の建築・美術界を牽引する4人のクリエイター、清水敏男(アートディレクター)、宮田亮平(金工作家)、伊東豊雄(建築家)、隈研吾(建築家)を監修者に迎え、独自のテーマで現在進行形の考えを具現化する「クリエイションの未来展」。その第23回目となる隈研吾監修企画として、オンラインで鑑賞できる展覧会「Multiplication」が開催中だ。

本展は、今年9月末に閉廊する LIXILギャラリー(東京・京橋)を3Dモデル化し、オンライン上に再構築された架空のギャラリーにて隈研吾展を開催するというもの。ゲームの企画・開発・販売などを行う株式会社ヒストリアのエンタープライズブランドである「ヒストリア・エンタープライズ」と協力し、ゲームエンジンによる新しい3Dの表現を用いて、抽象化された隈の建築作品を体験することができる。これまでにない、バーチャル空間での建築作品との出会いは、新たな体験となるに違いない。

なお同ギャラリーサイトにて、特別展「CONNECT/DISCONNECT | Asao TOKOLO× noiz」もオンラインで開催中。幾何学の持つ規則性を巧みに操りながら美しいデザインパターンを生み出す野老朝雄と、デザインの可能性を飛躍的に高める「コンピューテーショナルデザイン」を取り入れる建築デザイン事務所・noizがタッグを組んだ展覧会だ。デジタル技術を駆使した楽しく美しいバーチャルな世界を、画面いっぱいに展開する。どちらの展覧会も9月30日(水)まで。

オンライントーク 「建築・デザインのこれから―Multiplication, CONNECT/DISCONNECT」
隈研吾(建築家)、野老朝雄(美術家)、豊田啓介(建築家、noiz)を招き、オンライントークが開催される。配信URLなど、詳細はウェブサイトを要チェック。
配信期間/2020年8月26日(水)~9月30日(水)
livingculture.lixil.com/topics/gallery/online-talk/2008/

クリエイションの未来展 第23回 隈研吾監修
「Multiplication」Powered by historia Enterprise

会期/2020年8月8日(土)~9月30(水)


Asao TOKOLO × noiz「CONNECT/DISCONNECT」

会期/2020年8月8日(土)~9月30(水)

URL/livingculture.lixil.com/topics/

Text:Akane Naniwa

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する