Culture / Post

“世界で最も美しい”ニュージーランドの星空をライブ中継、マオリ歴の新年を祝って

ニュージーランドの先住民マオリの新年のお祝い「マタリキ(Matariki)」にちなんで、2020年7月19日(日)、21日(火)に、世界で最も美しい星空保護区として認定されているテカポ湖の星空がライブ配信される。

伝統的な踊りである「ハカ」で知られるニュージーランドの先住民マオリ。彼らと星との繋がりは深く、マオリの探検家、クペは星を道しるべとしながらニュージランドにたどり着いたと言われている。


そんなマオリの新年”マタリキ”は、星の現れとともに始まる。マタリキはおもに「星の名前」「星団の名前」「マオリ暦の新年」を指していて、6月から7月にかけて、夜明けに北東の星空にマタリキ星団が姿を現した時から新年となる。マオリ歴の新年は毎年変わり、今年は7月13日に新年を迎えた。




ニュージーランドでは初冬の季節となる”マタリキ”は、収穫の吉凶を占う意味もあり、日本のお正月のように何日もかけて様々なお祝いをする。親戚や友人とご馳走を食べて祝い、同時に亡くなった人に思いをはせるという。そして天と地を繋ぐものとして”凧揚げ”が行われる。





テカポ湖。世界最南端の天文台、マウント・ジョン天文台がある
テカポ湖。世界最南端の天文台、マウント・ジョン天文台がある

ニュージーランドには、国際ダークスカイ協会(IDA)が認定した星空保護区が3か所あるが、
その中でも今回は、世界で最も美しい星空を観測できるといわれるテカポ湖からライブ配信が行われる。

7月


19日(日)19時からのライブ配信では、テカポ湖で26年、星空ツアーを催行しているダークスカイプロジェクト共同経営者の小澤英之さんが解説をしてくれる。時差の関係で、実際にマタリキを見ることができるのは、21日(火)26時30分からの公式フェイスブック(英語)での配信となる。

マタリキ星団は、日本では「昴(すばる)」と呼ばれている。


マタリキ星団は、日本では「昴(すばる)」と呼ばれている。






先住民マオリの哲学は現代においても、ニュージーランドの人々の、”自然を敬い、すべての人と大地を護り(Kaitiakitanga)すべての訪問者を歓迎し、もてなし(Manaakitanga)家族のように大切にする(Whanaungatanga)”ことの根幹となっている。



マオリ歴での新年を迎えるニュージーランドでのお祝いと、古代から続くマオリの哲学に思いを馳せて、同じ空の下で繋がる時間を楽しんではいかが。

星空ライブ配信
日時/2020年7月19日(日)19:00~(日本時間)より30分程度
内容/マタリキをはじめマオリ文化と星空の関係について解説
ナビゲーター/テカポ湖で26年、星空ツアーを催行しているダークスカイプロジェクト共同経営者の小澤英之さん
配信方法/ニュージーランド政府観光局公式Twitterで配信https://twitter.com/purenzinjapan
参加費/無料

日時/7月21日(火)26:30~(日本時間)
配信方法/公式フェイスブック(英語)
https://www.facebook.com/purenewzealand
参加費/無料

Text:Hiromi Mikuni

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する