Culture / Lifestyle

新木場「CASICA」薬膳と乾物で毎日に寄り添う“アポセカリー&キッチン”

オープン3周年を迎える新木場の複合施設、カシカ(CASICA)に2020年6月16日(火)新ブランド「Arkhē apothecary&kitchen(アルケー・アポセカリー&キッチン)」が誕生。「おいしく整える」をコンセプトに、お茶や出汁など乾物の販売と薬膳やアーユルヴェーダをベースにした食事メニューを提供する。

店内奥の家具売り場を縮小し、新たにアポセカリーの物販スペースをオープン。棚一面には、ずらりと量り売りの乾物やお茶、グラノーラ、出汁などが並んでいる。食事のメニューや食の物販は南風食堂の三原寛子が監修した。

生姜と桂皮の焙じ茶[70g]¥1,500
生姜と桂皮の焙じ茶[70g]¥1,500

お茶は、全部で5種類。三原寛子と鎌倉市大船の杉本薬局監修のもと、漢方や薬膳の視点で作られたお茶は毎日でも飲みやすい。シンプルな筒のパッケージもおしゃれでギフトにもおすすめ。

5種類のお茶のほか、ルイボスティーをベースに朝鮮人参やナツメ、ショウガ、シナモンなどをブレンドしたノンカフェインの和漢チャイ(9包¥1,500)も人気。

出汁は料理に合わせて使い分けられる3種類。どれも旨味をじんわりと感じる、滋養深くやさしい味わい。雪中キャベツなどの野菜の旨味を引き出した「雪中キャベツと椎茸の野菜出汁」、味噌汁から煮物まで合う「鰹と鯖の和風出汁」、ベジタリアンにもおすすめの「大豆と昆布の精進出汁」と、用途に合わせて選べる。

雪中キャベツと椎茸の野菜出汁[8g×15包]¥1,800
雪中キャベツと椎茸の野菜出汁[8g×15包]¥1,800

食物繊維が豊富で朝食にぴったりのグラノーラも充実。プレーン、チョコレート、ジンジャーの3種類をベースに、さまざまな乾物をミックスした7種類をラインナップ。「無花果と苺のチョコレートグラノーラ」、「柚子と生姜のグラノーラ」などバリエーションが豊富。

今後はイベントなどで3種類のベースに、好きなトッピングをプラスして、オリジナルグラノーラを作ることができるサービスも予定している。

22種類もある中から選ぶのは、本当に迷ってしまうこと必至。

筆者は、ドライイチヂクとドライブルーベリー、ピスタチオとカシューナッツをプラス。追加する種類と数にもよるが、だいたい¥1,700前後。ラベルを貼って完成!

お茶や出汁、グラノーラはギフトボックスに詰め合わせることも可能なので、店頭で問い合わせを。

ランチは、以前はおかず3品を選ぶシステムだったが、常時3品ある主菜から一つ選び、日替わりの副菜やお味噌汁が添えられるセットにリニューアル。料理はアポセカリーで販売している出汁を使用している。

写真は、主菜・豚の薬膳煮込み、副菜・夏野菜の焼き浸しと、ひじきとレンズ豆のサラダ、青菜と豆腐の赤だし味噌汁、柚子と生姜のグラノーラ 自家製ヨーグルト添え。季節の食材を使いながら、体にやさしい味は毎日でも食べたい。メニューは季節によって変更になる。このほか、薬膳カレーやテイクアウトできるお弁当も。

毎日の生活に寄り添う、Arkhē apothecary&kitchenという新しい提案。アイテムはオンラインショップでも購入できるので、ぜひのぞいてみて。

CASICA
住所/東京都江東区新木場1-4-6
TEL/ショップ 03-6457-0826
キッチン 03-6457-0827
営業時間/ショップ 11:00-18:00
キッチン 11:00-18:00 (L.O 17:30)
定休日/月(祝日の場合、翌日休み)
URL/https://casica.tokyo/
https://arkhe.jp
オンラインショップ

Text: Yukiko Shinto

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する