People / Post

セレーナ・ゴメス、一生独り身でいることを心配

©Bang Media International
©Bang Media International

セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)は一生独り身なのではないかと心配しているそうだ。

過去にはジャスティン・ビーバーをはじめ、ザ・ウィークエンドやゼッドと交際してきたセレーナは、ソウルメイトを見つけることができないのではないかという不安を抱くこともあるというが、誰にも必ず相応しい相手がいると分かっていると話している。

新曲『レア』の歌詞について説明する中でセレーナはこう話す。「これは究極のゴールってことじゃない。私はまだ赤ん坊のようなものだもの。まだまだ学ぶことはたくさんある。でもこれは分かってる。信じてる。目を覚まして嫌な気分になり、『私って一生ひとりなんだ』って思ってしまう日もある。でも15分くらいするとその気持ちはなくなって、『誰にも相応しい相手はいるんだから』って自分に言い聞かせるの」

そして、自分の曲には聴く人たちが恋愛における自分の価値を気づいてもらえればというメッセージが込められていると続ける。

「男性も女性もそうだけど、恋する10代の若者とかは特にそう。相手が気にしてくれていることが分かるからって、誰かを傷つけることで満足感を得ようとすることがある。それにそのレベルに相手を留めておきたいからと言って、意図的にそういう風にさせる人もいる。そこに留めておけば『あ、自分にはこの状況から抜け出せるほどの力があるんだ』って気づくことはないと思っているかのようにね。だからこの歌ではこういうスタンスだってことを言っているようなもの。『あなたに頼み込んだりはしない。あなたに泣かされたりなんてしない。あなたに満足なんてさせられていない。あなたは私が簡単に見つけられるような人ではないことを明らかに分かっていないようだから』ってね」

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する