People / Post

ブラッド・ピット、『トロイ』出演はキャリアの転機

©Bang Media International
©Bang Media International

ブラッド・ピット(Brad Pitt)にとって、『トロイ』への出演はキャリアを再考するきっかけになったようだ。

2004年公開の同作品でアキレス役を演じたブラッドだが、その構想に納得できなかったことから、以降はストーリーを深く掘り下げる監督と一緒に仕事がしたいと思うようになったそうだ。

ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューでブラッドはこう語っている。

「『トロイ』はやらなきゃいけなかったんだ。今だから言えるけど、僕はすでに同じ製作会社のほかの映画を降板していたから『トロイ』に入れられてたんだ」「辛くはなかったけど、映画の話の進め方は僕が望むものではなかった。僕も間違いを色々したし」

「『トロイ』について言おうとしていることは、その枠組みから脱出することが不可能だったってことだ。気が狂いそうだったよ」「どのシーンも『ヒーロー登場!』って感じで、ミステリーなんて何もなかった。だから、あの時にこれからは良質のストーリーにしか投資しないって決断したとでも言おうかな。あれは、その後10年の映画に続く明確な転換だった」

また、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ではゴールデン・グローブ賞などにもノミネートされているところのブラッドは、1995年作品『12モンキーズ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたものの、後半部の演技を後悔しているようで「『12モンキーズ』の前半は、完璧にやれたよ。でも後半は全然ダメだった。脚本に罠があってね。あの演技が気に入らなかったよ。脚本のせいじゃないけど、うまく理解できない部分があったんだ」「後半は前半の本物の演技の真似をしているようだった。最後のシーンまでね。最悪だったよ」と語っている。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する