Art / Post

「アウトサイダーアート」とは? 近年注目を浴びるアート展

高山勝充の作品
高山勝充の作品

近年国内でも注目を浴び始めた芸術分野である、アウトサイダーアートやアール・ブリュット。東京・表参道のGYRE GALLERYでは、「現代 アウトサイダーアート リアル — 現代美術の先にあるもの —」を2019年9月7日(土)〜10月27日(日)まで開催。

XLの作品
XLの作品

アウトサイダーアートとは、既存の美術教育を受けていない人による制作行為や創作物を指す言葉で、表現者には心身に障がいのあるアーティストも多く含まれ、フランス語でアール・ブリュットとも呼ばれている。コンセプト重視の現代美術と対をなす一つの概念として、精神的な面から美術を再考する大きな潮流が世界的に注目を集めている。

杉本英司の作品
杉本英司の作品

表現することが生きることそのものに直結し、時には一人だけの世界で制作を続けてきた人々。それは、人が表現することとは何かを本質的に問う行為でもある。そして、創作物が「作品」として世の中の知るところとなるには、常に第三者の深い関与が必要とされる。本展覧会はその役割を担うべく、現代の日本で活動する36名の作品を厳選して紹介する。

吉田幸敏の作品
吉田幸敏の作品

さらに、この分野の芸術がどのようにして発見され発信されてきたかを振り返り、従来の位置付けに留まらず、人間の本能に働きかけるという側面からアートの無限の可能性に光を当てる。

引き込まれるほどのエネルギーにあふれた、まだ見ぬアートの世界を堪能してみよう!

「現代 アウトサイダーアート リアル — 現代美術の先にあるもの —」
会期/2019年9月7日(土)〜10月27日(日)
会場/GYRE GALLERY
住所/東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
開館時間/11:00〜20:00
URL/gyre-omotesando.com

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

ec

October Special 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power(Special)

私より、あなたのために(特装版)

オンライン書店で購入する